読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』感想

本当に素晴らしい作品でしたが、最初にこの映画最大の魅力をこの記事では伝えられないことを書かねばなりません。 シークエンスごとの繋がりを意識した丁寧な編集、それを支える素材の豊富さとインタビュー力、1つ1つのカットに詰め込まれた情報量とスペシャ…

「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」が教えてくれる卒業の本当の意味

本日7月10日、『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』が公開初日を迎えました。僕は次の日曜日に見に行く予定で、前売り券も買いました。とても楽しみです。 今年はAKB48グループのドキュメンタリー映画の公開が続きます。そもそも最初に「AKBって面白…

映画「イニシエーション・ラブ」劇中歌集 -あの頃カーステから流れていた80'S BEST HITS- 感想

今日は、映画『イニシエーション・ラブ』の劇中歌CDの紹介をします。この映画は1980年代後半が舞台となっていて、恋愛ドラマの進行に合わせて流れる当時の音楽も見所です。映画『イニシエーション・ラブ』のことをもっと知りたい、物語に浸りたい、大好きに…

個人的すぎて伝わらない映画「イニシエーション・ラブ」の感想(ネタバレ無し)

堤監督は大学時代女の子と恋愛寫眞見に行って2人でポカーンとしてそのままどうもならなくなったときのことまだ逆恨みしてるくらいの大ファン— ちま (@chimahome2) 2015, 6月 13 有名な原作。大好きな前田敦子さん主演。普通ならテンション上げて絶対見に行く…

DVD/Blu-ray発売!!「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?」

このときを待ってました! 2014年版AKB48ドキュメンタリーのDVDとBlu-rayが発売になりました。 特典の生写真はこんな感じです。みぃちゃん嬉しい! 映画の感想は公開時にも書きました(長くてすみません)。今回は、先ほど改めて劇場公開版を見直して思った…

【2014年ハリウッド版ゴジラすごかった記念】ミレニアム以降のゴジラ音楽まとめ

公開初日に見てきました! 2014年版ゴジラ! ハリウッド版ゴジラ! レジェンダリーゴジラ! 本当に素晴らしい作品で、時間が許す限り映画館に通って、何回も見たいと思っています。そして、僕なりのちゃんとした評論も書いてみたいです。 期待してなかった部…

「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?」が伝える強さの秘密

公開から少し経ってしまいましたが、やっと見ることができました。 AKB48のドキュメンタリー映画として4作目、高橋栄樹(エイキ)監督の3作目となる本作は、過去作と違うアプローチ方法で作られた、とても中身が濃い映画となりました。 僕は女性アイドルは大…

「アナと雪の女王」に"正しく萌える"ためのアイドルソング2曲

アナと雪の女王 <ストーリー> エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ…

【KILLING ME SOFTLYすごかった記念】5つ数えれば君の夢のこと(5・24シアターキノ)

今週は毎日東京女子流の話をしています。 こちらもどうぞ↓ 【KILLING ME SOFTLY発売日記念】ちまちまアイドルソング37「十字架」/東京女子流 - 細々と、こっそりと、ちまちまと 【あらすじ】 5人組ダンス&ボーカルグループ「東京女子流」の映画初主演作…

【KILLING ME SOFTLYフラゲ日記念】学校の怪談 呪いの言霊のこと

今週は精一杯の嬉しさを込めて女子流のことだけを書きます! 昨日書いたこちらもどうぞ↓ 【Killing Me Softlyリリース直前記念】東京女子流のアルバム特集 - 細々と、こっそりと、ちまちまと 今日は主演映画第二弾にしてホラー初挑戦の『学校の怪談 呪いの言…

2014年3月公開で見たい映画ベスト10

1位『アナと雪の女王』 映画『アナと雪の女王』松たか子が歌う本編クリップ - YouTube <あらすじ> アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに、冬の世界を舞台にプリンセス姉妹が繰り広げる真実の愛を描いたディズニーアニメ。触れた途端にそのものを凍結…

「小さいおうち」のこと

名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を映画化。昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働き始める。家の主人で玩具会社に勤める平井雅樹、そ…

「麦子さんと」と「もらとりあむタマ子」のこと

タイミングよく見たい映画を東京で見られました。どちらも親の存在が大きい映画で“モラトリアム邦画”2本立てにしちゃった気分です。 麦子さんと 幼い頃に出て行った母が帰ってきて共同生活が始まります。ギクシャクした生活が続く中で母は他界し、納骨のため…

『仮面ライダー×仮面ライダー鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』のこと

仮面ライダー映画の新作を見てきました。このところ毎年冬はMOVIE大戦が定番ですね。これを見ないと冬が終わらない! 今日は特にウィザード編の感想を書こうと思います。鎧武の方はあんまり触れないです。あと、見る気がなくなるくらい核心的なことは書きま…

映画「讐-ADA-」のこと

僕はアップアップガールズ(仮)のファンです。あと、そこそこの映画好きということもあってアプガの赤担当・仙石みなみと紫担当・佐藤綾乃がW主演の映画が公開されると聞いたときにはとても沸きました。(余談ですが、オレンジ担当・関根梓が好きです。いや…