読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

アプガとちまの夏日記 7月14日大阪

ライブ アイドルソング アップアップガールズ(仮)

◎the Girls Festival eve vol.2 @ なんばHatch


セットリスト
  1. チョッパーチョッパー
  2. メチャキュンサマー
  3. アップアップタイフーン
  4. リスペクトーキョー
  5. アッパーカット!
  6. サマービーム!


PASSPO☆、バクステ、Dolothy Little Happy、ダンドル、でんぱ組、そしてアップアップガールズ(仮)と多数のアイドルが出演するイベントでした。なんばHatchもとても大きな会場で800人近い様々なアイドルのファンが集まって楽しい雰囲気でした。

一ヶ月ぶりくらいのアップアップガールズ(仮)のライブだったこと、オールスタンディングはそれ以上に久々だったこと、アップアップガールズ(仮)の他にも好きなアイドルがまとめて見られる"ちま得"なイベントだったこと、PASSPO☆ファンの友達と一緒だったことなど楽しみな要素がひょっとしたら夏を通しても一番だったくらい多かったイベントでした。


中でも、新曲の「アップアップタイフーン」と「サマービーム!」を初めて見られたことは嬉しかったです。

「アップアップタイフーン」は演歌から始まって、湘南の風のタオル回し曲みたいになって、終盤にはお祭の曲みたいになるとても賑やかな曲です。ライブでもタオル回しや合いの手などで盛り上がって楽しかったです。一方で、曲のポテンシャルの分だけパフォーマンスで出し切れてるとは思えませんでした。展開や要素が多い曲をまだメンバーが掴みきれていない感じがして、仕上がりはまだまだという印象で、もったいないと思いました。

逆に、「サマービーム!」はコール&レスポンスやグラップなど分かりやすく盛り上がるポイントがあって、初めてライブで見たとは思えないくらい楽しかったです。すでにアンセムのような風格があって夏の楽しさが詰まった名曲でした。


色々書きましたが、アップアップガールズ(仮)のことを初めて見る人が関東より多い大阪であれだけ盛り上がれば十分でしょう。他のアイドルに負けないくらい盛り上がるライブができてたと思います。

新曲も伸び代がある「アップアップタイフーン」と、サマーアンセムとなるべく作られた「サマービーム!」は2曲とも違う育ち方をするでしょうから、曲の成長を見届けたいと思ったのでした。

全アイドルのライブと握手会が終わった頃にはイベントも5時間くらいに及んでいました。充実した疲労感でアプガの夏初日は終わりました。



次回は仙台!

こんな感じで思い出して振り返りつつアプガとの夏を振り返ってみたいと思います。

完走できるよう応援よろしくです!