読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

アプガとちまの夏日記 7月28日台場(TIF二日目)

TOKYO IDOL FESTIVAL二日目

 

エンジョイ・スタジアム(フジテレビ湾岸スタジオ)

セットリスト
  1. サバイバルガールズ
  2. Burn the fire!!
  3. アップアップタイフーン
  4. Next Stage 

 二日目の朝のステージは、朝にふさわしくない(ほめてます)アゲアゲで運動量が多いセットリストでした。最近のライブではあまり見てない曲もあって嬉しかったです。 

 久々に見ましたが、Next Stageはすごい曲なんですよ。アップアップガールズ(仮)の7人じゃないと歌えない歌詞とメロディとダンスのつまった6分間で、歌うメンバーにピッタリな歌詞が割り振られていてグッとなる聞きどころしかありません。あまりに激しい熱の塊そのもののような曲です。まだまだ仕上がりきっていないと思うので、これからも歌い続けて育てて欲しいと思いました。

 

ヴィーナス・チャーチ(ヴィーナスフォート教会広場)

セットリスト
  1. メチャキュンサマー
  2. UPPER ROCK
  3. アップアップタイフーン

  Zepp Tokyoの隣にあるオシャレなショッピングモールの中にある本物の結婚式もできる教会型のイベント広場が会場です。ドーム型で音がよく響くのが特徴で、拍手や生に近い歌声が綺麗に鳴って良いです。反対に、コールやMixは醜く反響して大変なことになります。アップアップガールズ(仮)のライブは後者だったようですが、幸いなことに最前で見られたので難を逃れました。静かな曲が似合う会場に寄ったセットリストだと良かったですね。でも、会場の違いを楽しむのもTIFの醍醐味です。


ホット・ステージ(Zepp Tokyo)

セットリスト
  1. イチバンガールズ
  2. マーブルヒーロー
  3. アップアップタイフーン
  4. リスペクトーキョー
  5. アッパーカット
  6. お願い魅惑のターゲット
  7. あの坂の上まで、

 二日目の最後は、TIF2013の実質的なメインステージでのライブでした。しかもトリ前という大事な場所を任されていてタイムテーブル見たときからワクワクドキドキしていました。

 夏のアイドルイベントで最も長い40分の持ち時間で7曲のセットリストはコンパクトにアップアップガールズ(仮)の激しさを伝えてくれました。「アップアップタイフーン」はCD発売のリリースイベントを通して仕上がってきていて、色んなアイドルグループのタオルがよく回っていました。

 「アッパーカット!」から「お願い魅惑のターゲット」の流れでは、たぶんアップアップガールズ(仮)のライブでしか経験できない"うわー、まだやるのか!"という独特の感覚を味わえました。これが味わえればアプガのライブは勝ちです。実際、「お願い魅惑のターゲット」でジャンプしながらテンション上がり過ぎてちょっと泣いちゃいました。アゲ泣きしたのは人生初体験でした。

 4月の横浜ブリッツまでにも「アッパーカット!」は相当仕上がっていて代表曲でしたが、ホットステージではまるでひとつステージが上がったように盛り上がっていました。「アッパーカット!」はまだまだ育っていく曲なんだと思いましたし、きっとアップアップガールズ(仮)はこの曲と一緒に成長して高いところに行くんでしょう。



そんなこんなで、TIFの二日間でした。DD的にもいっぱい貴重な経験したんですが書き切れませんよね(^^;;

次回はIDOL NATIONです!

よろしくお願いします(^o^)