読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

アプガとちまの夏日記 8月15日熊谷

アップアップガールズ(仮)

 1stライブハウスツアー アプガ第二章(仮)開戦前夜 〜熊谷決戦〜

セットリスト
  1. 銀河上々物語
  2. イチバンガールズ
  3. 夕立ち!スルー・ザ・レインボー
  4. Burn the fire!!
  5. SAMURAI GIRLS
  6. メチャキュンサマー
  7. Beautiful Days! 
  8. バレバレI LOVE YOU
  9. アップアップタイフーン
  10. リスペクトーキョー
  11. UPPER ROCK
  12. チョッパー☆チョッパー
  13. アッパーカット!
  14. ストレラ
  15. (En)サマービーム

 ライブハウスツアー3日目です。初日と2日目が凱旋公演だったことを思えば、本当のツアーの始まりとも言える会場でした。

 ライブに先立って、熊谷にある八木橋百貨店の店頭にてリリースイベントがおこなわれました。気温で日本一だった(前日に四万十市に抜かれました)都市で一番熱いライブをするべくアップアップガールズ(仮)のみんなも張り切っていて短い時間でしたが激しいライブを見せてくれました。それから握手会ではとてもここでは書けないくらいの珍事が連発して、昨日も書きましたがみんなで一緒にイベントに参加するのは楽しいと実感したのでした。

 

 熊谷の会場だった”HEAVEN'S ROCK VJ-1”は一戸建てのライブハウスで、昔行ってた香川県のライブハウスみたいな雰囲気が懐かしく思いました。長野の商業施設の最上階にある会場や、高崎の奥に向けて傾斜がある不思議な会場など色んな個性あるライブハウスを回ることができたのもツアーの楽しさでした。

 このライブはとにかく"一体感がハンパない"ライブでした。僕を含めて参加してるお客さんの大半は長野・高崎と回ってることもあってセットリストの流れをアップアップガールズ(仮)のメンバー同様に把握できていたと思います。そのため、初日独特の緊張感とはまったく正反対の次に来る曲を考えながらペース配分をして盛り上がることができて、ライブの後半に向けて限界に向かっていくという貴重な経験をしました。アップアップガールズ(仮)のライブはただでさえ激しいので、ライブが終わったときにはちょっと普通じゃない量の汗をかいていてビックリしました。

 また、熊谷の会場はステージが見えにくいこともあって、歌に集中しながら盛り上がっていたのですが、メンバーの歌唱力の向上に気付かされました。それは、静かな曲だけではなくて「UPPER ROCK」などの激しい曲でも同様で、楽曲のメッセージを客席に高いレベルで届けることができるようになっていて、一体感と盛り上がりに繋がっていたと思います。

 

 ツアーを通して成長するアップアップガールズ(仮)のメンバーと、それに付いていく僕たちファンの関係も、昨日の高崎公演とは違っていたように思えます。凱旋とかそういうのがなくても何がなんでも盛り上げるというメンバーの強い意志を客席から感じました。ツアーがメンバーを育てている気がして嬉しかったことをよく覚えています。

 

 

 

 そんなこんなで、暑くて熱かった熊谷のライブは一体感が抜群でした。

 次回は僕の開戦前夜ツアー最後の宇都宮です!

 よろしくお願いします(`・ω・´)