細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

Party Rocketsの楽曲特集 <シングル編>

初恋ロケット


「初恋ロケット」 Party Rockets - YouTube

ファーストシングル。これはとても“とんがった”曲です。

攻撃的なイントロではじまる、BPM220オーバーの超高速ロックチューン。

2本のギターとヴォーカルの掛け合いがとても面白い。歌と並行するように、歌に挑むように終止鳴っているツインギターが今聞いてもとてもフレッシュだと思います。

“最新型の初恋”など歌詞もとても面白いです。初めて聞いたとき確かにParty Rocketsという間違いなく最新型・最強のアイドル登場にワクワクしたことを、今でもよく覚えています。

 

MIRAIE


Party Rockets - MIRAIE - YouTube 

セカンドシングル。Mr.Bigエリック・マーティンが楽曲提供したことも話題になりました。

Party Rocketsの楽曲からは通じて1980年代後半〜90年代後半のHR/HMのオマージュを感じます。本家本元が作曲というのはなかなか聞けるものではないですし、女子中学生が歌うアイドルソングとしては分厚すぎるサウンドは前作「初恋ロケット」以上に本物のロックサウンド感があります。

そして、重厚なサウンドにはメッセージ性が強い歌詞がよく似合います。「初恋ロケット」と同じ吉水孝之さんの作詞で、楽曲の世界観に合わせられる言葉選びにはとても驚かされます。

 

セツナソラ


Party Rockets - セツナソラ - YouTube

サードシングル。前にブログでも紹介しましたが何回でも語りたい名曲です。

イントロから4人ソロパートのAメロ・Bメロ、もちろんサビも、アウトロも、そのあとの余韻まで、頭の先から足の先までぎっしりと“切なさ”が詰まっています。

こうしてファースト〜サードシングルを並べて聞いてみると、どれも全然違うチャレンジがあって、その上でしっかりとグループの強さを打ち出せていると思います。3曲とも編曲している三宅英明さんや制作スタッフに挑戦したい音楽があって、メンバーを信頼しているからできることでしょう。

あー、ほんといい曲!! 

 

弾丸ハイジャンプ


2013-07-07 Party Rockets 弾丸ハイジャンプ - YouTube

ファーストシングルのカップリング。ライブで最高潮に盛り上がる曲のひとつです。

Party Rocketsのいくつかの楽曲は“王道アイドルソングの進行やメロディ”と“ロックサウンド”がすごく高いレベルで融合しています。ロックサウンドは流行してきていますが、そんなことができているアイドルは少ないです。

「弾丸ハイジャンプ」はその流れを作ったような曲で、思わずコールや合いの手を入れたくなるような隙間と、そこを埋めて余りあるエグいギターソロが相乗効果で聞き手を熱くします。

1分くらいある長い間奏(4分半の曲なのに!)の後には“16連続ハイジャンプ”するところがあったり、ライブならではの楽しさもいっぱいです。

もし今年SIFがおこなわれていたらベストアクト狙えてた曲だと思っています。重ね重ね悔やまれます...

 

絶対LOVE


Party Rockets / 絶対LOVE(パティロケ新曲リリース) - YouTube

セカンドシングルのカップリング。こちらもサウンドは激しくロックですが“リンリンリリン”とか“ピピッピピッピー”など女の子の曲らしい可愛らしい歌詞が盛り込まれていて、何とも不思議な曲です。とにかく中毒性があります。この曲が一番好きって人多いのではないでしょうか。

ライブでは、エグいギターソロとヴォーカルのかけ合いや、クラップ、振りコピ、ジャンプとParty Rocketsのライブの楽しさ全部入りみたいなとても贅沢な曲になっています。

 

ROCKIN' HORSE BALLERINA


13.ROCKIN'HORSE BALLERINA - Party Rockets ...

サードシングルのカップリング。夏のTBC夏祭りで釘付けになった思い出深い曲です。

重たいサウンドでギターもケレン味あふれるリフですが、そんな中で“ゲットダウン!”というフレーズが可愛くてカッコ良く、ソロでワンフレーズずつ歌うところは個人的にかなりお気に入りです。

ライブでも最高です。ステージの上をクルクルと回る様子は見ていて楽しく、屈伸からのジャンプやサビでのクラップ&コールなど客席も沸ける楽しさ満載です!

 

スタートライン


7.スタートライン - Party Rockets 第6回定期ライブ - YouTube

サードシングルのカップリング2曲目。ロックバラードの名曲だと思っています。

Party Rocketsは決して激しい曲だけじゃなく、歌だけでも十分に勝負できるグループだと思っています。ソロパートが重要で、ユニゾンの難易度が高い「スタートライン」のような曲でも会場を“支配して”心を奪うことができるのですから。

これこそ“今のパティロケ”だからこそ歌える曲だと思います。そして、これからもそのときどきのグループの姿と成長を映して大きく育っていく曲でしょう。

 

 

 

そんなこんなで、最後まで読んで頂きありがとうございました。

書いてきた結論は簡単です。

 

「パティロケのライブ最高だからみんな行きましょう!!」

 

*はぴらぶインフォメーション*

★12/8(日) 「第12回定期ライブIN仙台」
会場*仙台MA.CA.NA
開場/17:00開演/17:30

★12/15(日)「第13回定期ライブ」
会場*渋谷WWW

★12/25(水)「クリスマスライブ」

 

それでは、次回<未音源化曲編>でお会いしましょう〜!