読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

ちまちまアイドルソング・ランキング2013【15位〜6位】

アイドルソング

15位 『孤独に VIVID』bump.y


bump.y「孤独にVIVID」Music Video - YouTube

そのまんまテレビかラジオのジングルとして使えそうなキャッチーなイントロと、いなくなってしまった大切な人のことを思う歌詞の切なさ、そして女優のユニットらしい表現力が光る曲でした。

 

 

14位 『真夏の天体観測』つりビット


【公式】つりビット『真夏の天体観測』MV Short ver. - YouTube

爽やかなメロディに乗ったボーカルと、まるで夏の大空のようにスケール感があるサウンドのバランスが絶妙。“シュパーン”というSEもいい味が出てます。デビューシングルらしい前向きさと今後への期待を込めて選びました。続編的2ndシングル『バニラの空』も素晴らしかったです。

 

 

13位 『ASIAN STONE』Dorothy Little Happy


Dorothy Little Happy / ASIAN STONE - YouTube

今年の曲で最も演者のスキルにシビアな曲でした。グループの成長のためにリリース時点の自分たちの力量を超えた曲に挑戦し、歌詞の通り“新しい扉”を開いたDorothy Little Happyは本当に偉いと思いますし、そんな彼女たちをますます好きになりました。 

 

 

12位 『Bad Blood』T-Palette mini All Stars


Bad Blood / T-Palette mini All Stars - YouTube

※痛そうなシーンと映画のプチネタバレあります注意(`・ω・´)

アップアップガールズ(仮)の子が主演の『讐-ADA-』という映画の主題歌だったんですが、僕があんまりこの映画が好きなので選びました。笑。でも、レーベルのオールスター企画として攻めた歌詞と、キャラメル☆リボン、バニラビーンズ、Lyrical schoolといったアイドルの別々な個性がパッケージされている面白さもある曲でした。

 

 

11位 『パンピナッ!』Prizmmy☆


Prizmmy / 「パンピナッ!」MV ~Short ver.~ - YouTube

子供向け番組の主題歌だったようですが、それにしては攻めまくってるmichitomoさん作・編曲のEDMが楽しかったです。聞けば頭を空っぽにして、踊りたくなるような曲でリフレッシュしたいときによく聞いてました。「ジャンルの壁なんてお構いなしで」と歌う歌詞も大変好みでした。

 

 

10位 『アンダンテ』ひめキュンフルーツ缶


[フル] ひめキュンフルーツ缶「アンダンテ」2013.8.7発売! - YouTube

発表時よく「これ嫌いな人いないやつでしょ!」とか言ってました。よく練られたロックサウンドとグループの強みが出ている歌割り、何よりメジャーデビューに向けた気合がはんぱなく伝わってきました。この曲に込められた“熱”は何年経っても消えず誰かの心に火を点し続けるのではないでしょうか。

 

 

9位 『乙女新党のうた』乙女新党


【MV】乙女新党 - お受験ロッケンロール (Short ver.) - YouTube

※動画ないので最新曲お受験ロッケンロールどうぞ(`・ω・´)

昨年のベストソング・チームしゃちほこ『乙女受験戦争』を作った浅野尚志による楽曲で、イントロからメロ、サビ、間奏、アウトロのあとの余韻まで構成がよく考えられていて感動した曲でした。自己紹介ソングとしての組立の良さ、ライブで盛り上がる余地、なぜかちょっと切なくなるメロディと、“今年最高の完成度の曲”と言い切って良いと思ってます。

 

 

8位 『スタートリボン』キャラメル☆リボン


キャラメルリボン「スタートリボン」MV風ただの思い出ビデオ - YouTube

歌よし、ダンスよし、トークよし。三拍子そろったアイドル・キャラメル☆リボンの最新シングルは、歌詞の世界感よし、ほどよく浪花感あるケレン味サウンドよし、歌声が生きるキラキラしたメロディよし、とさらに三拍子そろった楽曲でした。カップリングの『ALL NEW FEELIN'』もあわせて今年いちばんときめいた曲!

 

 

7位 『mero mero』アイドリングNEO


アイドリングNEO「mero mero」  - YouTube

自分で決めたランキングですけど、これがこの位置にいるの見るたびに驚きます(笑) アイドリング!!!の新メンバーによって今年の夏できた新しいグループでありながら、個性的でかつ強烈なキャラクターがすでに外向きに伝わってくる、超大型新人グループ。そんなグループとしての圧倒的な強さが曲にもろに出ています。来年が最も楽しみなアイドル!

 

 

6位 『ネガティヴ・ガールズ!』Negicco

Negicco 2013 special christmas live - YouTube

今年は、『アイドルばかり聴かないで』、『ときめきのヘッドライナー』と年間ベスト1位級の曲を連発してきたNegicco大躍進の年でした。そんな本人たちが作詞に参加したこの曲は、ネガティヴさを受け止めているNegiccoだから歌える優しさと強さに満ちています。いよいよ奇跡を起こそうとしているNegiccoから引き続き目が離せませんし、自分も頑張ろうって思わされる曲でした。

 

 

 

 

以上、15位〜6位を紹介しましたー。

アイドリングNEOの順位は何回見ても自分でビビります。マジか。笑

 

それでは、次回はいよいよ5位〜1位を大発表!

よろしくお願いしますね!!