細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

「Disney Rocks!!! Girl`s Power!」大特集 1/3

先日発売されましたコンピレーションCD「Disney Rocks!!! Girl`s Power!」を紹介します。

ディズニーのコンピレーションシリーズ"Disney Rocks"の新作で初めての女性ボーカルオンリーのものだそうです。

 

これは!!!

 

アイドルも声優もアニメも偏見なく大好きで、それ以上に本質的にディズニーが大大大好きな僕が食いつかないわけがありません。

原曲とあわせて歌い手のことも知ってもらえるように書いてみようと思います。

よろしくお願いします!!

 

 

1. Mickey Mouse March(ミッキーマウスマーチ)『ミッキーマウス・クラブ』 /hy4_4yh (ハイパーヨーヨ)


Mickey Mouse Club March - YouTube


hy4_4yh / ティッケー大作戦~YAVAY, HYPER YOYO / TICCKKEE ...

ミッキーマウスマーチは1950年代にアメリカのテレビ番組『ミッキーマウス・クラブ』で使われていたのが始まりだそうです。それ以来、ミッキーのテーマソングとして定着してきました。

hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)は3人組のアイドルグループで、確かな歌唱力やパフォーマンス力とエキセントリックなステージで人気を確立しています。最近はFUNKOT(インドネシア発のクラブミュージック)アイドルとして、前人未到の新境地を歩み続けています。

定番中の定番の楽曲を、参加アーティストの中でたぶん最もイッちゃってるグループに歌わせて、しかも一曲目に持ってくるあたり実に攻めたコンピレーションだと思わされます。TENGUBOYの直球と変化球の間をついた絶妙なバランスのアレンジがクセになります。

 

2. Supercalifragilisticexpialidocious『メリー・ポピンズ』/でんぱ組.inc


Mary Poppins - YouTube


でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」MV【楽しいことがなきゃバカみたいじゃん!?】 - YouTube

1964年の映画『メリー・ポピンズ』の中の挿入歌。”Supercalifragilisticexpialidocious”とは34文字の英語の固有名詞でしたが、この楽曲とともに賞賛を意味する形容詞として使われるようになったそうです。スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスと読みます。

でんぱ組.incは6人組のアイドルグループで、秋葉原のライブ&バー「秋葉原ディアステージ」をホームとして活動しています。アイドルファン以外からも幅広く支持を得て、5月には日本武道館公演を控えています。

アレンジはヒャダインこと前山田健一。ギミック感がある楽曲が持ち味の彼女たちらしく、遊び心いっぱいの楽しい曲になりました。後半の展開はまさにワールドワイドデンパグミ。

 

3. Belle『美女と野獣』/ tricot


Belle (Little Town) - Beauty and the Beast (1991 ...


tricot『99.974℃』MV - YouTube

1991年のアニメーション映画『美女と野獣』に使われている楽曲です。Belle(ベル)とはヒロインの名前のことで、ディズニープリンセスのひとり。ベルの人間性の紹介として歌われます。

tricotは4人組ロックバンドで、現在も自主レーベルBAKURETSU RECORDSにてインディーズでの活動を続けています。

バンドサウンドでのアレンジと、この曲の最大の持ち味である掛け合いがうまく混ざっていると思います。芯のあるヴォーカルとミュージカルみたいな展開、重なる綺麗なコーラスが楽しめるとても贅沢な曲でした。

 

4. Under the Sea 『リトル・マーメイド』/ Dorothy Little Happy


Under the Sea - YouTube


Dorothy Little Happy / ASIAN STONE - YouTube

1989年公開のアニメーション映画『リトル・マーメイド』の主題歌でアカデミー歌曲賞を受賞しました。海の世界の素晴らしさをアピールする曲でとっても楽しいです。

Dorothy Little Happyは仙台在住の5人組ガールズユニットです。ユニット名には、『オズの魔法使い』の主人公ドロシーのように、優しくて勇敢な気持ちを持ちつつ、小さな幸せにも気付くような子達であって欲しい、という意味が込められているそうです。

名付け親の坂本サトルによってプロデュースされた楽曲で、ガッチリ強度がある少し懐かしいバンドサウンドにドロシー5人の可愛いかやり取りが歌われています。聞くとハッピーになる曲に仕上がっています。

 

5. Some Day My Prince Will Come『白雪姫』/BiS


 Some Day My Prince Will ...


BiS / "STUPiG(Special Edit)" Music Video - YouTube

1937年のアニメ映画『白雪姫』の挿入歌。小人たちのための子守唄として歌われます。ジャズのスタンダードナンバーとしての顔も持ち、様々なジャズミュージシャンによってカバーされています。

BiSは現在6人組のアイドルグループ。”新生アイドル研究会(Brad-new idol Society)”の略で今年の武道館公演をもって解散すると発表されています。ファンの呼称は研究員。

サウンドプロデューサー松隅ケンタによって、とてもBiSらしい高速BPMのメタルサウンド&エモいアレンジになっています。こんなに沸ける『いつか王子様が』は珍しいのでは。短いフレーズを繰り返しながら感情が高まります。

 

6. Colors of the Wind 『ボカホンタス』/ 今井麻美


Colors of the Wind - YouTube


この雲の果て / 今井麻美 Music Video (Short ver.) - YouTube

1994年制作のアニメーション『ポカホンタス』の挿入歌。インディアンの娘ポカホンタスを主人公とした物語で、劇中では彼女によって歌われます。

今井麻美山口県育ちの声優で、代表作は『THE IDOLM@STER』(如月千早役)、『STEINS;GATE』(牧瀬紅莉栖役)などです。歌唱力には定評がある声優のひとりです。愛称はミンゴス

ストリングスと四つ打ちをミックスした大胆なアレンジが面白く、現代のポカホンタスを表現している感じでしょうか。現代的なサウンドと、綺麗なメロディー、普遍性がある歌詞、そしてミンゴスの歌が見事に合わさって聞き込みたい曲になっています。 

 

 

 

Disney Rocks!!! Girl`s Power!

Disney Rocks!!! Girl`s Power!