読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

「Disney Rocks!!! Girl`s Power!」大特集 2/3

前のは、

「Disney Rocks!!! Girl`s Power!」大特集 1/3 - 細々と、こっそりと、ちまちまと

次のは、

「Disney Rocks!!! Girl`s Power!」大特集 3/3 - 細々と、こっそりと、ちまちまと

 

 

 

 

7. Chim Chim Cher-ee 『メリー・ポピンズ』/ 東京女子流 


Dick Van Dyke - Chim Chim Cher-ee 1,12 min - YouTube


東京女子流 / 「Partition Love」MV(Short Ver.)+SPOT - YouTube

1964年制作のミュージカル映画メリー・ポピンズ』の挿入歌。街にやって来た明るい男メリー・ポピンズによる喧噪を描いた物語です。『Supercalifragilisticexpialidocious』の項目もぜひご覧ください。

東京女子流avex所属の5人組ガールズグループです。ブラックミュージックの素養を持つ大人っぽい楽曲を得意として独自な人気を誇り、結成5年目にしてすでに2回の日本武道館公演をおこなっています。今年は2本の映画公開も控えていて、今最も注目すべきアイドルのひとつです。

独特なワルツのメロディを、大人っぽいオールドロックなサウンドにアレンジしています。このコンピレーションCDを通して一番ビックリした曲で、まだ幼さが残るボーカルとのギャップがシュールですらあります。これぞ東京女子流な驚きに満ちた優れた楽曲だと思いました。

 

8. Heigh-Ho 『白雪姫』 / 金田朋子


Snow White ~ Heigh-Ho - YouTube


金田朋子XBOX360を買いに行く - YouTube

1937年のアニメ映画『白雪姫』の挿入歌。小人たちが行進しながら口笛ととも歌う曲で、子供時代に歌った覚えがある人も多いのではないでしょうか。

金田朋子神奈川県出身の声優です。代表作は『あずまんが大王』の美浜ちよ役、『おねがい☆ティーチャー』のまりえ役など。このCDに参加する声優の中で、いわゆる”アニメ声”のパブリックイメージに近い声質の人です。ソロでの歌手活動はおこなっておらず歌の動画じゃなくてすみません。

「80年代のゲーセンみたいなサウンド」を得意とするSEXY-SYNTHESIZERによるアレンジがピコピコ楽しいです。金田朋子の勢いのいい歌唱との組み合わせで化学反応が起きていて大変おかしい曲になってます。歌い手ではない人だからこそ歌える楽曲ならではの楽しさを感じました。

 

9. Bibbidi-Bobbidi-Boo『シンデレラ』 / おおたえみり


Bibbidi-Bobbidi-Boo (from Cinderella) - YouTube


おおたえみり / 集合体 - YouTube

1950年制作のアニメ映画『シンデレラ』の挿入歌。『シンデレラ』の物語と同様に有名な呪文の言葉「ビビデバビデブ」の歌です。

おおたえみり兵庫県出身のシンガーソングライターです。ポップとアバンギャルドが同居する独特の世界観とオルタナティブロックからスタンダードなポップまで、さまざまなバッググラウンドを感じさせる音像が注目を集めています。

全編がピアノ弾き語りのアレンジになっていて、自由なテンポと歌唱、独自の解釈の和音など聞きどころが多いです。シンプルながらも曲が備える魔女性を表現していて、音楽って面白いなあと思わされました。

 

10. Part of Your World『リトル・マーメイド』/ 赤い公園


Part of your world -HIGH QUALITY- The Little ...


フジテレビ土ドラ「ロストデイズ」主題歌 赤い公園「絶対的な関係」ティーザー - YouTube

1989年公開のアニメーション映画『リトル・マーメイド』の挿入歌。4曲目の『Under the Sea』とは反対に憧れの世界を主人公の人魚姫アリエルが独唱する切ない曲です。

赤い公園は4人組ガールズバンドです。オルタナティブロック、ポストロックの流れの中で複雑なサウンドを得意としています。2013年に活動を再開し、8月にフルアルバム『公園デビュー』をリリースしました。

クラシカルな風格がある原曲と、赤い公園の音楽性がとてもマッチしていて、独創的なサウンドにスキルが高いボーカルがよく映えています。そして、楽しく気持ちよさそうに歌っているのが良いです。もしもライブでじっくりと聞くことができるといいなあと思いました。

 

11. You Can Fly! You Can Fly! You Can Fly! (きみも飛べるよ!)『ピーターパン』 / 白石涼子


2:50 You can fly, you can fly, you can fly ...


綾崎ハヤテ 「underage」 [歌詞付き] - YouTube

1953年制作の長編アニメ『ピーターパン』の挿入歌。ピーターパンたちと登場人物の飛翔シーンで歌われる優しいメロディーの歌です。

白石涼子奈良県出身の声優です。『魔法先生ネギま!』の長瀬楓役や『ハヤテのごとく!』の綾崎ハヤテ役で人気を高めていき、近年は大きな作品の主要登場人物を多く演じています。ハスキーな声質が魅力ですが、ソロ名義での音楽活動は本作が久しぶりとなります。

ゆよゆっぺによって高速BPMのバンドサウンドにアレンジされています。高揚感のある楽曲になっています。

 

12. Beauty and the Beast『美女と野獣』 / Gacharic Spin


Beauty and the Beast - YouTube


Gacharic Spin / NEXT STAGE - YouTube

1991年制作のアニメーション映画『美女と野獣』の主題歌。セリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンのデュエット曲が音源として有名で当時日本でも10万枚以上を売り上げました。

Gacharic Spin(ガチャリック スピン)は4人組ガールズバンドです。2012年にボーカルが脱退する危機を乗り越え、最近は海外ツアーも活発となっています。バンド名を略して「ガチャピン」と呼ばれるそうです。

エレクトリックでハイテンションなサウンドが独特なアレンジです。ボーカルの掛け合いもユニークで、少しずつ高まるベルと野獣の恋愛感情を表現するように、後半に向けて展開していきます。ひとつひとつのフレーズを大切に個性豊かに歌って行くのが伝わってきて嬉しくなる曲でした。 

 

 

 

Disney Rocks!!! Girl`s Power!

Disney Rocks!!! Girl`s Power!