読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

雑誌「MARQUEE」とDorothy Little Happyのこと

音楽

『MARQUEE』という雑誌をご存知でしょうか。

 

プログレ専門誌『マーキー・ムーン』を前身として持つ雑誌*1で、最近は最も優秀なアイドル雑誌のひとつとなっています。

中でも、Dorothy Little Happyの記事の濃さは目を見張るものがあって、最新号で裏表紙という快挙を成し遂げました。一般流通誌では初表紙ですよ!

僕はまだ読めていないのですが、この機会に『MARQUEE』(マーキー)とDorothy Little Happy(ドロシー)のことを勝手に書いてみたいと思います。

 

マーキーにドロシーが初めて載ったのが91号でした。

MARQUEE Vol.91 マーキー91号

MARQUEE Vol.91 マーキー91号

 

91号はももいろクローバーZが初めて表紙を飾った雑誌です。昨今の音楽雑誌の中でも早いタイミングでアイドル特集を組んでいたと記憶しています。BABYMETALやTomato n' Pine、でんぱ組.incなどが紹介されていました。この中にドロシーが普通にいることがまずどれだけだよって思いますが、この記事を最後まで読んで頂ければ何かを感じてもらえると思います。笑

 

ドロシーは4枚目のシングル『飛び出せ!サマータイム』のリリースタイミングの時期で2ページの記事でした。ドロシーは仙台出身の5人組で、グループについてや震災のこと、新曲と目指す方向について長くないインタビューの中でよくまとまっていました。

そして、この記事の冒頭に付いている文章が僕は大好きで、何回も読み返してしまいます。それはこんな言葉からはじまります。

その瞬間僕は、アイドル界の橋本絵莉子を見つけた!と思ってしまった。強い秘めた意志。声を放った時のまっすぐなもの。あどけなさと力強さを備えたあの声だ。(中略)その人は、仙台を拠点に活動するドロシーリトルハッピーのメインヴォーカル、MARI。

ほとんどラブレターな文章なのです。ぜひ全文を読んでいただきたいです。

マーキーはアイドルに興味を持って知っていく中でドロシーに出会って、恋をしたんだと思います。それがよく伝わる文章です。

 

アイドルを特集する雑誌や媒体が最近すごく増えています。アイドル好きの立場からすると、どれも表面的だったり、提灯記事だったり、大事なことが伝えられていなかったりして読むたびに「まあ仕方ないよな」と思うばかりです。

音楽としての良さ、エンターテイメントとしての見応えや希少性、女の子としての可愛さ、成長物語としての味わい深さ、誰かにアイドルの楽しさを伝えるときはこれらの話をします。でも、僕たちがアイドルを特別に感じる理由の核心はそこではありません。

 

それはすごく個人的なものです。外にいる人にそのままを伝えることはとても難しいです。アイドル好き同士でもわからないこと、通じ合えないことはあります。何より、わざわざ人に言うようなことでもなければ、伝えたところで「ふーん」って話です。本当は。だって、これは恋なんですから。

 

マーキーはドロシーに恋をして初めて本当のアイドル好きになったんだと思います。だからマーキーのアイドルの話は面白く、共感できます。

アイドルのことを書いた文章で、“恋する気持ち”を伝えられるものだけが心を打つことができるんだと思います。物語性やエンターテイメント性、見た目などの情報は、それがなければ心動かないという意味ですごく大切ですが、あくまで“恋するきっかけ”です。多くの恋愛話がそうであるように最も美味しい部分はそんな表面ではなくて、伝わってくる熱だったり照れの部分ですし、共感できるかどうかが面白さのポイントだと思います。

 

次の92号から高橋麻里の連載がスタートしました。節目節目ではそれなりの分量の特集が組まれるようになっていきました。公式ブログでは記事以上にモロな恋心が書いてあったりしました。そして、ついに最新号では表紙に。全部がマーキーからドロシーへの公開ラブレターだと思って、恋愛話でも聞く感じで読むと面白さが増すに違いありません。

 

『MARQUEE』は写真も記事もすごくよくできた雑誌です。とっても読みやすいですよ。女性アイドル好きもそうでない人もぜひ一度読んで“恋する気持ち”を感じてみてください。

最新号をぜひお手元に。 

f:id:chima4dn:20140211183605j:plain

 

 

 

 

そんなこんなで長くなりましたー。

もうちょっとマーキーとドロシーについて書きたいことがあるのですが、気が向いたらということでお願いします。

気が向くように感想などもらえると嬉しいです!笑

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ドロシー風に深々とお辞儀をしつつ失礼しますm(_ _)m

 

MARQUEE  Vol.101  マーキー101号

MARQUEE Vol.101 マーキー101号