細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

Party Rockets定期ライブvol.14のこと(+おまけ)

2月22日におこなわれました14回目の定期ライブに行ってきました。Party Rockets(パティロケ)としては2ヶ月ぶりのライブであり、3人になって初めてのがっつりライブでした。
昼の部だけ見ることができたので、そちらの感想を書きます。
 
【セットリスト】公式ブログから転載しました*1
1*初恋ロケット
2*MIRAIE
3*ROCKIN' HORSE BALLERINA
(MC)
4*NO:ID
5*ママには言えない
6*輝くあなたがすきだけど
7*REVOLUTION
(MC)
8*スタートライン
(MC)
9*Let's go (新曲)
10*好きすぎて生きるのがツラいよ
11*Life goes on
12*Shy Shy Love
(MC)
13*絶対LOVE
14*日常ドリーマー
15*セツナソラ
16*弾丸ハイジャンプ
17*RAINBOW!
 
~アンコール~
18*Let's go
(MC)
19*弾丸ハイジャンプ
 
 
会場は渋谷のライブハウスTSUTAYA o-nestでした。ざっと見たところ150人弱くらいのお客さんがいたんじゃないでしょうか。「思ったより入ってる」というのが素直な感想でした。それだけ、卒業した渡邉幸愛ちゃん(コウメちゃん)の人気がありましたし、もっと離れていてもおかしくなかったので。当日は渋谷で多くのアイドルイベントがあったので、色んなお客さんが興味もって来てくれたなら喜ばしいなと思います。
 
この定期ライブでは新衣装も初披露!
東京女子流のBad Flowerのときの衣装みたいなヒラヒラが袖に付いていて、ダンスで舞って綺麗でした。シンプルな色使いに綺麗な柄で、ロックでかわいいパティロケにぴったりな衣装だと思いました。
 
f:id:chima4dn:20140223184354j:plain
 
ライブを通して、こんなにたくさん曲をやってくれるとは思いませんでした。アンコール入れて全部で19曲。約2時間のライブを3人だけで成し遂げました。4人時代のパティロケはコウメちゃんの歌のウェイトが大きいグループでしたから、3人で歌割りやり直すというのはすごく大変なことだったと思います。アイドルの事例だとモーニング娘。から田中れいなが卒業した後くらいかそれ以上に大きな挑戦だったでしょう。
 
そうした挑戦の結果、3人の歌声に新しい魅力を感じました。
 
新リーダーでもある吉木悠佳ちゃん(はるちゃん)は元々歌割りが多いメンバーでしたが、その繊細な歌は磨かれてさらに切なく、芯のあるものになっていました。以前「パティロケの歌には"切なさ"と"刹那さ"がある」と書きましたが、それははるちゃんの歌によるところが大きいのかも知れません。この日のはるちゃんは本当に良い表情で歌っていましたし、本当にかっこ良かったです。
 
藤田あかりちゃんは、コウメちゃんの歌割りを一番引き継いでいました。前のシングル『セツナソラ』や、音源化が待たれる代表曲『RAINBOW!』では元々すごく大事な歌詞を担当してましたし、いい歌を歌っていましたが、そのまま素直に成長してくれた感じでした。あかりちゃんは本当に優しくて、素直で、いい子なので、それがそのまま音になったような歌声にはピュアさがあって、楽曲の青春っぽさを彩ってくれていました。
 
菊地史夏ちゃん(ふみちゃん)は、この2ヶ月間でよく頑張ったと思います。声が出るようになっていて、新しい魅力に気付かせてくれて、個人的に一番驚かされました。ふみちゃんの歌声は少し変わった響き方をします。倍音の鳴り方なんだと思いますが、声が綺麗にハモって聞こえてくるんです。それはユニゾン歌唱のときに聞こえる音をゴージャスにしてくれていました。それは人数が減ったことを余りあって十分な武器になると思います。
 
そんな感じで、歌については成長が期待を上回ってくれました。コウメちゃんほどの人がいなくなっても、歌についてそれを寂しいと僕はぜんぜん思いませんでした。これは本当にすごいことだと思います。
 
ダンスについて、フォーメーションの変更などは本当に大変だったと思います。一度みんながきっちり覚えているだけ、歌よりも苦労したんじゃないでしょうか。
その上で、12月のライブのときよりも揃えるところは揃うようになっていて、自由に煽ったりフォーメーションの広さを変えたりすごく期待が持てるところまで頑張ってました。
MCで「フォーメーションが三角形ばっかりになる」と笑い話にしていましたが、そもそも4人よりも3人の方が視覚的にバランスが良くなりやすい人数です。そういう意味では、むしろ今の方が大箱から小箱まで柔軟に対応できて魅了できるライブができる可能性があります。
 
歌にしても、ダンスにしても、単純に4人のときと今を比べたら、まだまだなところは多いと思います。面白いと思うのは、その“まだまだなところ”が意外とはっきりしていることです。それは、直すべきところ良くしたらいいところが明確だということです。
だから、新生パティロケはあっという間にすごいライブするグループになって、誰もが「4人の頃より今の方がいい」と思う日が来るのかもと思いました。
 
新曲『Let's go』もすごくいい感じの曲でした。既存曲のリブートが大変な中で、新曲を用意して披露してくれただけで十分です。これくらいは甘やかしてもいいでしょう。笑

リリースも4月9日と発表!

リリイベでの成長がさらに楽しみです。

 
Let’s Go!!(A)

Let’s Go!!(A)

 

 

ライブ全体を通して「3人になった新生パティロケのお披露目」と「これから大丈夫という証と、もっとすごくなる期待」両方をしっかりと満たしてくれました。だから、僕はとても嬉しいですし、ほっとしました。
3人のことをもっと応援したいと思ったライブでしたし、これからもっともっと素敵なグループになってくれると確信しています。
 
新曲のリリースイベントもあるでしょうし、3月23日に次の定期ライブも決まっていますので、よかったら一度見に来てください(^o^)
 
f:id:chima4dn:20140223201901j:plain
 
 
 
 
そして・・・、
 
 
 
先ほど、卒業したコウメちゃんの行き先が発表になりました!!
SUPER☆GiRLS(スパガ)に新メンバーとして加入ということです。*2
コウメちゃん移籍先どうなんだという件は、ただただ喜ばしいということで置いておいて(長くなる)、区切りが付いたことがよかったです。それはどう受け止めていいか自分で決めかねていた気持ちがひとつ落ち着いたからです。
「3人のパティロケをどんどん好きになるということは4人のパティロケを、コウメちゃんがいたパティロケを否定することになるんじゃないか」と思っていました。でも、宙ぶらりんだった行き先が決まって、スパガの衣装着てるコウメちゃんを見たら、そんなことはないんだなと。パティロケはパティロケ、コウメちゃんはコウメちゃんで別々に全力で応援して行けばいいんです。それくらいには僕は器用です(`・ω・´)笑
そりゃあ「4人だったら・・・」とか今後思うときもあるかも知れませんが、そんなことを言っても仕方がないですし、グジグジするのはあんまり好きではないのでした。
3人と1人が末永く元気に、もっと人気者になることを願いながら、応援して行きたいと決意しました。
あー結局長くなってしまった。すみません。コウメちゃんとスパガのこともこれから書くと思いますので、引き続きよろしくです!

*1:1部も2部も!ω http://ameblo.jp/partyrockets/entry-11779314371.html

*2:SUPER☆GiRLS : リーダー八坂が涙で卒業 新メンバー3人加入で“第2章”へ http://mantan-web.jp/2014/02/23/20140223dog00m200036000c.html