読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

Dorothy Little Happy Live Tour 2014 ~STARTING OVER~ 仙台公演のこと

2014年3月16日、仙台のガールズユニット・Dorothy Little Happy(ドロシー)の仙台公演に行ってきました。

この日は初めてのホールでのワンマン公演にして、ツアー初日にして、メジャーデビュー3周年の当日でもあります。

 

f:id:chima4dn:20140320224745j:plain

 

 

 

 

〜セットリスト〜 *1

01. ストーリー

02. ドロシーの世界一周夏物語

03. COLD BLUE

04. 壊れちゃう 崩れちゃう

05. My Darling

06. STARTING OVER

07. 明日は晴れるよ

08. Life goes on

09. ジャンプ!

10. colorful life

11. 青い空

12. 恋をしてるの きっと

13. どこか連れていって

14. nerve

15. 未来への虹

16. 恋は走りだした

17. 2 the sky

18. CLAP! CLAP! CLAP!

19. 永遠になれ

 

ENC01. Over There

ENC02. デモサヨナラ

 

 

初めてのホール

僕が初めてドロシーを見たのはちょうど1年前の3月、仙台Rensaというライブハウスでした。この日の会場の日立システムズホールのシアターホールとほとんど同じキャパの箱です。それから1年、渋谷WWW、香港E-max、TIFのスマイルガーデン、代々木第一体育館、川崎クラブチッタなど、色んな箱でドロシーのライブを見てきました。

たぶん多い方でも少ない方でもないと思います。でも、ドロシーの1年間を適度な距離感から見てきた立場で言いたいことは、ドロシーがものすごく大きなグループになったということです。Rensaで見たときの驚きは今も消えませんし、WWWで見たきらめきは忘れることができません。香港では熱く緊張感があるライブを、TIFのドロシーは本当に立派でハンパなかったですし、代々木ではアウェイ感に負けずに歌を炸裂させ、チッタでは1年間の経験と成長を集大成として形にしました。

ドロシーは初見からお馴染みまで、誰もを楽しませるライブをできるんじゃないかと思います。つまり、ドロシーは「聴けばカラダが踊りだす。見ればみんなが恋をする。」グループになったのです。

成長したドロシーにとって、思いを込めた歌を確実に届け、指先まで表現が行き届いたダンスを会場全員に見せられるコンサートホールという箱は、すごく相性がいいと思いますし、ドロシー自身もそんな場所でのライブを楽しみにしていたんだと思います。

 

ツアー初日

日立システムズホールは巨大でした。やっぱりライブハウスとは全然違います。奥行きも幅もあるステージ、座席のおかげでひとりひとりのスペースが広い客席、高すぎる天井と、適切に音が響く分厚い壁。

そんな巨大な会場で、1曲目『ストーリー』は2ndアルバム『STARTING OVER』を代表する新曲です。明るい曲調の中にある一抹の寂しさに、コンサートホールという巨大な箱の中でスポットライトが当たり、多面的な楽曲の魅力がよく出ていました。どの席からもステージがよく見えるホールでは、ドロシーの丁寧なダンス表現が誰もに届きます。表現が届いていることは演者の喜びに直結しますから、結果、ステージと客席で思いがより強く重なっていきながら曲は進み、あっという間に時間は過ぎてしまいます。

序盤、『COLD BLUE』から『壊れちゃう 崩れちゃう』、『My Darling』の流れは素晴らしかったです。どれもロックサウンドであり、決して簡単ではない恋模様を歌った曲です。2ndアルバム『STARTING OVER』の曲の世界をそのまま広げてくれるような曲順だったと思います。アルバムのツアーで、こういう試みが見られることはすごく嬉しいですし、2ndアルバム『STARTING OVER』のことをライブでより深く知り、ますます好きになりました。

アルバムでは最後に組み合わされている『STARTING OVER』と『明日は晴れるよ』、そこから『Life goes on』の流れはほんと反則で、涙を我慢することができませんでした。泣きながら歌い叫び飛んだ『ジャンプ!』を忘れられません。

 

3周年

まだ序盤と言っていいタイミングで名バラード『STARTING OVER』を持ってきたことから、勢いや元気のあるライブにドロシーはしたかったんじゃないかと思います。

初披露の『青い空』も『colorful life』と『恋をしてるのきっと』の爽やかな曲に挟まれ、そこから『どこか連れていって』〜『恋は走りだした』の連続し加速する流れはエネルギッシュで、距離のある客席のハンデを乗り越えて、ライブハウスのように会場をひとつにできていたと思います。

コンサートホールでじっくりと歌を聞かせることは十分できるドロシーが、あえてそうせずに、盛り上げることに挑戦しました。ここには2つ意味があると思っています。1つは、やがてやってくる“次のホールワンマン”に向けて、会場をひとつにして盛り上げる経験を積んでおくことが必要だと考えたからで、もう1つは、3周年の節目に勢いをつけて、さらに大きく飛躍させたいという気持ちが強かったからだと思います。ドロシーとホールの相性はしっとりとしたバラード中心のセットリストでも発揮できますし、3周年を“鎮魂”のライブとして静かに送ることもぜんぜんできたことでしょう。

でも、ドロシーは勢いを求め、会場に元気を与えることで4年目に向かって行くことを選びました。『2 the sky』、『CLAP! CLAP! CLAP!』と会場を盛り上げ続け、そうして生まれた熱を、熱を生んだ僕たちのドロシーの記憶と気持ちが永遠に近付くよう願い、ライブを終えました。

 

Over There

ライブのMCで高橋麻里ちゃんが「震災後の初めてのイベントで青森に行ったときお客さんが3人しかいなかった。でもその3人がライブのあと笑ってくれて、わたしたちはお客さんの数なんか関係なく歌を届けていこうと思った」と話していました。

すごくいい話だし、ドロシーらしい麻里ちゃんらしい話だと思います。でも、僕はドロシーが少ないお客さんの前で歌うのは嫌です。可能な限り、多くのお客さんにドロシーを聞いて欲しいし、もっともっと色んな人がドロシーを知って、ライブを見に来て欲しいと思います。

日立システムズホールのライブは本当に素晴らしくて、何回も号泣して、1週間経つ今でも余韻が鳴っている気分です。だからこそ、あんな素晴らしい音楽を届けられるドロシーにもっと上に行って欲しい、売れて欲しい、人気者になって欲しいという気持ちが強くなってしまいました。

初めてのホールワンマン、ツアー初日、3周年、そんな節目の向こう側に、僕自身がドロシーに大きな夢を持ってしまったライブになりました。

 

これからもドロシー応援しますし、ツアー最終日O-EASTが今から本当に楽しみです!!

 

 

STARTING OVER (ALUBUM+DVD)

STARTING OVER (ALUBUM+DVD)

 

 

 

 

*1:Dorothy Little Happy観客はデビュー時より100倍以上!全国ツアースタート http://news.dwango.jp/index.php?itemid=6200