読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

ちまちまアイドルソング40「いいくらし」/チームしゃちほこ

アイドルソング

チームしゃちほこ『いいくらし』

 

今日は吉田哲人さんという音楽家の名前を覚えていってください!

 そのための記事です!

 

竹達彩奈apple synphony』

apple symphony

apple symphony

吉田さんの楽曲との出会いは竹達彩奈のファーストアルバム『apple synphony』のオーバーチュア的なこの曲でした。スキャットのハーモニーで表現された可愛らしい世界と、その奥にある音楽性の高さにとても驚かされ、アルバムの導入としてあまりに完璧だと思ったのでした。

  

Negicco『ネガティヴ・ガールズ!』

ネガティヴ・ガールズ!

ネガティヴ・ガールズ!

続いてはNegiccoのアルバム『Melody Palette』の中のこちらも吉田さん! Negicco本人による等身大の歌詞が魅力ですが、そんな等身大の女の子たちをとびっきりにドレスアップさせるような華やかで明るい楽曲になっています。『apple synphony』と並べて感じる吉田さん作品の共通点は、日常と非日常の絶妙なバランスなのです。

 

チームしゃちほこのメジャー第3弾シングル『いいくらし』はアシッドハウスというジャンルをアイドル的ポップに取り込んだ作品です。*1

歌詞の中でも現実と非現実の境界を感じさせながら、本来とっつきにくいアシッドポップのクセを、こんなことができるのかというくらい弾けさせ、楽曲のフックにすrことに成功しています。

 

そんな本作は、アイドルソングの枠をはみ出ていて、こういう楽曲と出会えるからアイドルソングは楽しいのだと改めて思わせてくれました。傑作!

 

 

 

 

※おまけ

竹達彩奈『マシュマロ』

マシュマロ

マシュマロ

吉田哲人さんが描く、乙女の世界のど真ん中、たまらんです。