読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

スパガMV撮影エキストラ参加のこと(書ける範囲で)

6月22日、スパガ新曲のMV撮影エキストラに参加してきました。

 

こちらはインターネット上で支援者と資金を集める“クラウドファンディング”の仕組みを使った試みです。オフショット生写真、エンドクレジット、セットの提灯に名前とサインなどの「支援プラン」が用意されていて、そのひとつとしてMV撮影エキストラ参加権がありました。

スパガと夏の思い出を作りたい気持ちと、MV撮影エキストラ自体にも興味があったので、迷わず参加してきました。

 

一方で、リリース前のCDの制作途中のMV撮影のことですから、きっと書いちゃいけないことも多いと思うのですが、その辺気をつけて、楽しさを伝えられればと思います。

(NGなことあったらすぐ修正しますのでお知らせください誰か)

 

f:id:chima4dn:20140624211550p:plain

スパガMV撮影にファンから546万円支援 - 音楽ニュース : nikkansports.com

 

 

集合

日曜のスーパーヒーロータイムくらいの時間帯、川崎市某所の集合場所に向かいます。先日の個別握手会でコウメちゃんに「甚平着てくるの?」と聞かれたチョロいヲタクこと僕は、蒲田のカプセルホテルを出るときからしっかり甚平を着て出かけて参りました。集合場所に着くと浴衣の人もぼちぼちいて心強く、近くに偶然いて下さったフォロワーさんとお話しながら呼び出しを待ちます。やがて受付をして、スタッフパスと荷物袋と手ぬぐい(このときは記念品だと思っていました)と水(意味深)を受け取り、スタジオの中に入ります。

 

 

スタジオ

僕はMVや映画のエキストラ自体が初めての体験でした。スタジオに入るのも初めてで、大好きな映像制作の現場に足を踏み入れることに高揚感を感じていました。スタジオは小さめの屋内競技場のような構造で、主な撮影場所であるアリーナにセットと撮影機材があり、エキストラの待機場所はスタンド(客席)でした。待機場所で荷物を整理して次の指示を待っていると、GEMのメンバーがスタジオ入りしてきました。メンバー同士がオフの感じでじゃれていたり、スタッフさんだけでなくエキストラの僕たちにもアリーナから挨拶をしてくれたり、そんな様子を見ているだけで「来てよかった」「神イベだ」とか思ってしまいました。そうこうしていると、スタッフさんがやってきました。

 

 

振付

「一緒に踊ってもらう場所があるのでダンスを覚えましょう」やってきたスタッフさんが振付の先生を紹介し“レッスン”がはじまります。4小節の簡単な動きを教わり「簡単だけど腕が疲れるなあ」とか思っていました。何となくひとまとまりの動きを教えてもらったところで先生は言いました。「もう少しあります」と。音楽に合わせて何回か練習したりしているうちに、僕も「これはサビだ」とか「Dメロだな」とか考えながら教えられる振付を覚えていきます。ほんとサビの振付が鬼でした。こうやってキーボード打ってる今も後遺症が余裕です。そうやって、振付を教わりながらも、次々とスタジオ入りして挨拶をするスト生に気が気じゃありません。「よろしくお願いします!」→「がんばってね〜♪」などと、ダンスを覚えながらアイドルにアピールすることになるので、ヲタクというのは本当に忙しい生き物だと思わされました。そんなこんなで、結局、一曲まるまる約4分間動きっぱなしの振付を教わり、本番を待つようにと指示をもらいました。

 

 

撮影

さあ、いよいよ本番です。心配性ですし運動能力に乏しいヲタクなのでこっそり練習&復習をしながらそのときを待ちます。出たがりなヲタクらしく一番前の方に行きましたが、前の人を見ながら踊ることができないことに後で気付いて絶望しました。でも、振り分けられた場所が大好きなSendai Twincle☆moonの近くで、あんなに近くでダンスを見たりメンバー同士じゃれたりしてるのを見られるなんて、もう、幸せすぎてどうにでもなれと思ってしまうのに十分な事件です。撮影は、カメラのレンズや構図の関係で何テイクにもおよび、そのたびに決して負担が少なくないダンスをエキストラも強いられます。でも、どうでしょう。決して低くないクラウドファンディング”のハードルを飛んで集まったエキストラたちです。「いいMVを作りたい」という気持ちはひとつだったように思えます。テイクを重ねるごとに、隠し切れない疲労感で口数が少なくなったりしていたかもしれませんが、気持ちは強くなっていっていたように感じました。そもそもヲタクという生き物はアイドルが喜んでもらうことほど幸せなことはないのですから。途中途中でメンバーが激励に来てくれたのも嬉しかったですし、自然とエキストラがライブ会場のように踊りながらコールしていて、きっと完成したMVには普通じゃない熱量がこもっているんじゃないかと思っています。

 

 

現場

初めて見て、参加した映像制作の現場はとても刺激的でした。照明の度合いや、カメラの角度、映り込みへの配慮や、演者の雰囲気作り。クリアしないといけないハードルは多いはずなのに、その全部に繊細に神経を張り巡らせて対処し、何よりも楽しくできるようにスタッフの皆さんが気を配っていることを体験できました。テレビや映画で僕たちが「普通に」見ている映像を成立させる大変さに触れることができ、同時に、現場の難しさやそこで必要なスキルやノウハウ、できあがった素晴らしい作品の価値の大きさを考え直す機会になりました。

 

 

 解散

当初の連絡にあった時間をはるかに過ぎて、エキストラの撮影のすべてが終了し解散となりました。そのときには、時間が遅くなったことへの怒りはまったくないどころか、もっと現場にいたいという気持ちが強かったです。実際のところ、僕たちが参加したのはMVのほんの一部であり、撮影はもっと長時間におよんだみたいですし。もっと長い時間、スパガやアイストのみんなを応援していたかった気持ちと、一緒にいたかった気持ちが誰しもにあるのではないでしょうか。そんな僕らの身勝手な願いも虚しく、さよならのときはやってきてしまうのでした。

 

 

そんなMV撮影。疲れたことは間違いありません。本文でも書きましたが、腕の筋肉痛はハンパなくて、こうやってブログ書くのも大変です。でも、それ以上に素敵な時間を過ごすことができました。メンバーと触れ合ったり、一緒に頑張ったりできましたし、何よりも、良い作品を作るためにひとつになれたんじゃないかと思っています。ヲタクにとってこんなに幸せな時間はないはずです。

 

MVの公開イベントが7月下旬なので、YouTubeなどで見られるのは8月になってからでしょうか。自分がどれくらい映ってしまっているかも気になりますが、それ以上に、どんな作品になっているのか、本当に楽しみです。

 

公開の際には、皆さんもぜひ見て、楽しかったことと大変だったことを感じてみてください\(^o^)/

 

 

SUPER☆GiRLS LIVE 2014 ~超絶革命~ at パシフィコ横浜国立大ホール [Blu-ray]

SUPER☆GiRLS LIVE 2014 ~超絶革命~ at パシフィコ横浜国立大ホール [Blu-ray]

 
アッハッハ! ~超絶爆笑音頭~ (CD+Blu-ray)

アッハッハ! ~超絶爆笑音頭~ (CD+Blu-ray)

 
超絶少女☆BEST 2010~2014 (ALBUM+Blu-ray Disc) (初回生産限定盤)

超絶少女☆BEST 2010~2014 (ALBUM+Blu-ray Disc) (初回生産限定盤)

 

 

今週のお題「アイドル」