細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

テレ朝動画・女子流♪(のーと)#12のこと

f:id:chima4dn:20140706112404j:plain

 7月3日配信

 

野音スペシャルやったー\(^o^)/」と思って動画を見始めて、冒頭が企画コーナーだったのでビックリしました。『学校の怪談 -呪いの言霊-』の企画で少し前にもありました。赤ペン瀧川先生のパワポ芸は切れ味が良く、面白いですね。グイグイ山邉未夢ちゃんのくだりは笑いました。

 

約30分の枠の中に巧妙なカットでほぼ全曲のダイジェストを見せてくれます。曲同士のつなぎがうまく、見ていて本当に気持ちがいいです。まるで、松井寛さんのCDに付いてた東京女子流のミックス盤を聞いてるときみたいな感じになります。『それでいいじゃん』でユーストの画面を挟み込んで配信のことをカバーしていたり、初披露の『ずっと忘れない。』はたっぷり長尺で日比谷野音周辺の野外ライブならではの雰囲気を盛り込んでいたり、ひとつの映像作品としてよく工夫しています。一方で、こちらも初披露の『pain』は冒頭のダンスがメインの編集で、東京女子流の楽曲のことを好きな人が制作に関わっていると思い、嬉しくなります。

 

MCもたっぷりです。東京女子流添削のグイグイ山邉未夢ちゃんがあったので、余計にそういう感じに見えてしまって面白いです。この日の未夢ちゃんの奔放っぷりはすごかったですし、「黒歴史」のくだりは爆笑でした。ライブ中の大人っぽい表情と、MCの自由さのギャップが今の未夢ちゃんの大きな魅力のひとつです。

 

終演直後のインタビューはメンバーそれぞれの表情に満足感と、達成感、充実感があって、客席にいた僕たちだけじゃなく、東京女子流にとっても特別なライブだったのだと思うことができて、良かったです。そして、きっと「伝説のライブ」と言っても許される東京女子流2回目の野音の表側と裏側を、こうして愛があって完成度が高い番組で見られたことも、すごく幸せなことだと思いました。

 

 

 

 

Killing Me Softly (CD+Blu-ray) (Type-A)

Killing Me Softly (CD+Blu-ray) (Type-A)