読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

テレ朝動画・女子流♪(のーと)#14のこと

f:id:chima4dn:20140720083646j:plain

7月17日配信
  • 香港お出かけ(グルメ、女人街でお買い物)
  • ファンツアー(水上レストラン)
  • ライブ(トリ、ゆり生誕)
  • ひめキュン(もうすぐ2マンライブ)

前回に続いて香港SP後編はメンバーが行きたいところに行く企画の続き。5人がよく食べてはしゃいでいる様子は見ていて幸せになります。

「スーツケースの鍵を忘れてホテルで壊して開けた」とあっけらかんと話すめいてぃんは、お買い物中に新しいキャリーケースを現地調達。東京女子流のリーダーのこういう大胆な一面は、すごく頼もしいと思いました。実際、海外での活動増えてくる中で、こういう姿勢はすごく大事!

ファンツアーのことも紹介してくれます。水上レストランで、食事して、ゲームをして、夜景をみんなで見る“楽しさだけ”を、短い映像に詰め込んでいて、相変わらず編集がうまい番組だと思います。記念写真で終わる感じもすごく良かったです。

香港のライブ会場は、複合商業施設の中にあるキャパ500くらいのライブハウスです。この日のトリで、「一番(お客さんが)入っている」という東京女子流のパフォーマンスを香港のファンが迎えます。海外ということでメンバーのテンションが高いこと、滅多に見られないライブに挑むファンの気合、そもそも日本人より反応がダイレクトな民族性など、いろんなことが海外のライブをより熱く、特別なものに変えます。それは、番組の中で十分に感じることができて、香港でも東京女子流が受け入れられること、この魅力は本物であることが嬉しいです。

夢である「アジアツアー」を実現して欲しいと思いますし、その先にいつか、生バンドを背負ったライブを香港のファンたちにも見て欲しいと思いました。香港で、あの野音のようなライブができるなら、ぜひ見に行きたいです。

アンコール後のゆりちゃん生誕企画では、かすみ草の花束と、会場を埋めるサイリウムが感動的です。「誕生日を海外で過ごす」ことは、ティーンの女の子にとっては寂しい面もあると思います。家族や友達と一緒にいられないのですから。でも、“芸能人の"ゆりちゃんにとってはこんなに素敵な誕生日はないでしょう。 
あと、余談ですが、アンコールしながら、サイリウムをバキバキ折る現場でよく見る光景が映像になってたのは笑いました。色んな物資の準備も大変だったと思います。生誕委員の皆さんお疲れさまでしたとネットの片隅から言わせてください!