細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

Party Rockets定期ライブvol.19(第4回仙台定期)のこと

7月21日、仙台MA.CA.NAでのParty Rockets(パティロケ)久しぶりの定期ライブに行ってきました。6月29日の渋谷以来の定期ライブで、仙台定期ライブとしては昨年の12月以来になります。

12月と同じ会場ということで、あの日のことを思い出さないわけがありませんでした。これが数ヶ月前なら、もっと不安を抱えながら開演を待っていたのかもしれません。

でも、あの仙台定期ライブと渋谷WWWのあと、定期ライブでの挑戦を重ね、新曲『Let's Go!!』をリリースし、毎週のshowroomや1日も欠かさないブログ更新を続けながら、3人のパティロケを形にする様子を見てきました。なので、開演を待つ間も、不思議なくらい不安は少なく、どんなライブを見せてくれるのかワクワクしているばかりでした。

 
セットリスト
  1. 初恋ロケット
  2. MIRAIE
  3. 日常ドリーマー
  4. NO:ID
  5. mera mera
  6. Shy Shy Love
  7. 臨戦態勢が止まらない
  8. KASABUTA
  9. 絶対♡LOVE
  10. ROCKIN' HORSE BALLERINA
  11. REVOLUTION
  12. セツナソラ
  13. RAINBOW!
  14. (En.)Let's Go!!
  15. (En.)弾丸ハイジャンプ
 
ファーストシングル『初恋ロケット』、セカンドシングル『MIRAIE』ではじまったライブに、3人になって初めての定期ライブで伝えたいメッセージを早くも感じました。それは、地元である仙台の人たちに「これから3人で頑張っていきます」という意思表明です。特に『MIRAIE』はパティロケのオリジナリティがわかりやすく出ている曲でありながら、歌割りが大きく変わっている3人の“新生パティロケ”への変化を打ち出す曲に今はなっています。
 
『日常ドリーマー』に続くMCでは、今日が新衣装であることを話します。今回は黒を基調にした衣装で、個人的に漆黒のウェディングドレスのようだと感じました。パティロケの3人の素に近いのは白だと思いますが、新曲のイメージには黒がよく似合います。

f:id:chima4dn:20140722201950j:plain

http://ameblo.jp/partyrockets/entry-11897747637.html

 

『mera mera』と『臨戦態勢が止まらない』は定期ライブで披露された“あの曲やっちゃいます”な意外性がある楽曲で、それを『NO:ID』と『Shy Shy Love』というステップワン色、事務所の色が強い曲があわさったブロックからも、やはり“新生パティロケ”の意志を感じました。そして、仙台にはParty Rocketsの前身であるビーフラットからのファンもいて、僕なんかよりも長くパティロケを見てきた人たちにとって、この流れはグッとくるものがあったのかも、なんて勝手に思ってしまいました。

 

個人的に、この日、7月21日は去年のTBC夏祭りで初めてParty Rocketsのライブを見ることができた日から、ちょうど1年の記念日だったのです。勾当台公園の小さな野外音楽堂でパティロケのパフォーマンスを見ていなければ、今はなかったでしょう。そこで、僕の心をつかんだ『ROCKIN' HORSE BALLERINA』を大事な日に見られたことは、とても嬉しかったです。

以前の定期ライブで「ターンを教わった」と話していた成果だと思いますが、3人ともターンが綺麗に回れるようになっていたと思いました。改めて思ったことですが、『ROCKIN' HORSE BALLERINA』のダンスはターンが大きな意味を持っていて、そのバレリーナ的な優雅さが、ハードロックな雰囲気とのギャップを生み出しています。ターンが上手でバレエ経験者がいたあのときには気付けなかったものを表現できていることが、パティロケとしての進歩そのものですし、そういう瞬間に立ち会うと「3人のパティロケいい!」と思うのでした。

 

今回の仙台定期ライブの3人の感想を読むとそれぞれに反省点があったとわかります。

 

*仙台だよ!パティロケだよ!*|Party Rocketsオフィシャルブログ Powered by Ameba

vol.19(^ω^)|Party Rocketsオフィシャルブログ Powered by Ameba

第19回定期ライブ(*´`)♪|Party Rocketsオフィシャルブログ Powered by Ameba

 

ライブのMC中で、ふみちゃんの「今日は関ヶ原や青森でイベントがある中〜」発言や、「ひとりいないから広く感じるのか」発言、8・9渋谷WWW動員についてなど、 外向きの言葉が多いと僕も感じました。

今回の定期ライブに「あれっ?」って思ったり、期待してたより「ノレなかった」人はいると思います。気持ちはよくわかります。でも、きっと、それを誰よりも感じているのは3人なのではないでしょうか。ファン以上に、今の3人は“外側”を意識していると感じていて、それは「3人でも大丈夫」から、「3人で進んでいく」という決して小さな一歩ではない進歩なのだと思います。 

 

Party Rockets定期ライブvol.12(第3回仙台定期)のこと - 細々とこっそりとちまちまとParty Rockets定期ライブvol.12(第3回仙台定期)のこと - 細々とこっそりとちまちまと

俗にいう“コウメショック”から約二週間が経ちました。その間に会ったアイドル好きの友達に「大丈夫っすか?」「早く元気出して!」「失恋してる人みたい...」などなど...

 

これからのこと考えると、心配な気持ちや不安な気持ちはそりゃあります。

でも、だからこそ応援するんです。そもそも“絶対大丈夫”なアイドルを全力で推すような人間じゃないです。僕は。

パティロケとコウメちゃんのことが本当に大好きです。きっとその大好きな子たちは、これから僕の何倍も何十倍も何百倍も心配や不安と戦わないといけないのです。アイドルファンとして、それを支えなくて何だって言うのでしょう。みんなにもらう元気やパワーに比べて僕ができることなんて微々たるものですが、それでもみんなの力になれるよう頑張ろうと思いました。 

12月のライブを見て、感じたことを今も改めて思います。
今がすごく大事な時期で、だからこそファンとして、見守りたいと思います。今よりもっと成長する3人の、スタートラインだと感じました。
 
仙台での定期ライブを終えて、TBC夏まつり、TIFの先には、8月9日には渋谷WWWでのワンマンライブです。
 
改めて、今もこんなに素敵なグループはありません。
みんなの期待の上を行くライブを、きっと3人のパティロケが見せてくれるはずです!!
 
ぜひ、その大事なときを見にきてください\(^o^)/
 
 
 

 

タイトル未定(A)

タイトル未定(A)