読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

解散したエアギターアイドルがセカイNO.1になるかもしれないというエモい話

 

 

エアギターアイドル・テレパシーが解散を発表したのは今年4月のことでした。

昨年リリースされたCD『テレパシーミライ/テレパシーセカイ』が僕はかなり好きで、ときどき聞いていました。「いつかライブで見たい」と思ったまま、それは叶わないことになってしまって、推しを見つける前に、ちゃんと好きになる前に、本気で応援する前にグループがなくなってしまったことを寂しいと思ったことをよく覚えています。

 

『テレパシーミライ』と『テレパシーセカイ』に僕が惹かれたのは、エレキギターが大胆に入っているサウンドが単純に好みということもあります。でも、それ以上に、エアギターとアイドルの組み合わせを面白いと思いました。

エアギターは“ごっこ遊び”の要素が強いエンターテイメントです。一方で、今の女性アイドルシーンの楽しさの中には他ジャンルや専門分野にティーンの女の子がチャレンジする要素があり、それは“ごっこ遊び”の延長線的な面白さです。

エアギターとアイドルの間には“遊び心”という本質に近い部分での共通点があって、だからこそ、テレパシーの音楽や取り組みがユニークだと感じたのでした。

 

 

なので、元テレパシーの名倉七海ちゃんがエアギター選手権2014で優勝したことを聞いたとき「おめでとう!」と思ったと同時に、妙に納得したものでした。

その上で、やっぱり、解散してしまったグループのメンバーとしてけじめをつけるために出場した選手権で、エアギターを冠にしていた女の子がトロフィーを獲得し、存在意義を示したことには感動しました。こんなに素敵なアイドルの物語があるでしょうか。

 

 

ツイッターで見かけた、当日のエアギタープレイも本当に素晴らしいです。会場が熱くなる様子が克明に記録されていて、名倉七海ちゃんのパフォーマンスからは経験や覚悟、今を楽しもうという思いが伝わってきます。

 

 

テレパシーは解散し、グループは終わってしまいましたが、名倉七海ちゃんのエアギターは続きます。そのパフォーマンス、彼女の思いは、きっと見た人の心に感動を刻み、いつまでも残っていくことでしょう。

できることならば、それをなるべく多くの人に伝えられるとイチバンだと思います。ぜひ、世界大会での健闘、優勝を願いましょう!

 

エアギター2014日本決勝大会。|名倉七海オフィシャルブログ「Na Na色の海」Powered by Ameba

 

テレパシーミライ/テレパシーセカイ [Type-A](CD+DVD)

テレパシーミライ/テレパシーセカイ [Type-A](CD+DVD)