読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

TIF2014のちまちました記録(1日目・24〜29組目)

ライブ アイドルニュース

24.サンスポアイドルリポーター SIR(ドールファクトリー)

f:id:chima4dn:20140806040843p:plain

http://sir777.com

セットリスト
  1. ムーンライトボート
  2. チェリーハント
  3. パワーチャンスコール 

産經新聞社のスポーツ紙・サンスポのアイドルで、ライブで見るのは2年ぶりくらいでした。いつの間にか「パチンコ、パチスロを応援する」という冠が付いていたのはビックリしましたが、歌やダンスのパフォーマンスが思っていた以上に仕上がっていてさらに驚き、最後の曲のガントレット(篭手)的な光る小道具が輪をかけて驚かされました。SIR面白かったです!!

 

 

25.G☆Girls(ドールファクトリー)

f:id:chima4dn:20140806041246p:plain

http://miss-flash.jp/g-girls/

今から思えば、スカイステージやホットステージと比べるとおとなしい衣装だったのが残念ですが、それでも十分すぎるくらいセクシーで、目が釘付けでした。グラビアを本業とするグループということで、ダンス中のポージングが決まっていて目を引くものがあり、衣装や体のラインと同じくらいG☆Girlsの見どころだと思います。パティロケと同じ三宅英明さんプロデュースの楽曲もあって、全体的にロック寄りなサウンドもすごく良かったです。

 

 

26.NEO from アイドリング!!!(ドールファクトリー)

f:id:chima4dn:20140806042244p:plain

https://idoling.fujitv.co.jp) 

セットリスト
  1. プリきゅんサバイバル
  2. キミといたナツ(新曲)

TIFで絶対に見たかったグループのひとつです。ドールファクトリーでも浴衣でのパフォーマンス。推しメンの橋本瑠果ちゃんで推しジャン飛んだり、雑なMix打ったりとにかく楽しかったです。沸きすぎて記憶が飛びかけてますが、新曲の『キミといたナツ』 が相当いい感じの夏曲で、エモくて切なくて最高でした。

 

 

27.LinQ(ドールファクトリー)

f:id:chima4dn:20140806042601p:plain

http://loveinq.com

セットリスト
  1. ナツコイ
  2. HANABI
  3. もっともっといつかきっと

TIFには19人で参加ということで、出演者の中でも最多級だったと思います。人数が多いのは迫力も生まれて単純にいいことのはずですが、個人的には、推しメンがいないこともあってどこを見ていいのか迷ってしまいました。ライブ中では、高木悠未ちゃんがステージを行き交ってセットを生かしてる感じが良かったです。

 

 

28.アイドリング!!! × アップアップガールズ(仮)(ドールファクトリー)

f:id:chima4dn:20140806043317j:plain

セットリスト
  1. チョッパー☆チョッパー(アイドリング!!!
  2. カニ子(アプガ)
  3. アッパーカット!(コラボ)

この日はドロシーに続いて2つ目のアイドリング!!!コラボを見られました。アプガの曲の中でも動作が多い『チョッパー☆チョッパー』に挑戦して、やっぱり後半に向けて息切れしてミスが出てきた感じがアイドル的には可愛かったです。『アッパーカット!』はユニゾン歌唱が多い曲なので、人数が触れることがそのままパワーになっててテンション上がりました。

 

 

29.Dorothy Little Happy(ドールファクトリー)

f:id:chima4dn:20140806043653p:plain

http://dorothylittlehappy.com

セットリスト
  1. sky traveler
  2. ドロシーの世界一周夏物語
  3. CLAP!CLAP!CLAP 

アイドリング!!!の出番が終わって2列目まで行くことができました。こんなに近くでドロシーを見られたのは久しぶりで嬉しかったです。久しぶりにガッツリ見て、改めて、Zeppライブに向けて成長は続いていたドロシー。中でも、かなちゃんがパフォーマンス面で前に出るようになっていて驚きました。僕の見てきたかなちゃんは、ドロシーの中で参謀的なイメージで、自分が前に出る以上にメンバーのフォローや調整役としてのリーダーです。でも、かなちゃんの資質やポテンシャルはそうした“裏方”のものではありません。かつて、B♭時代の動画でしか見たことがないような、グループを食う勢いで自分が前にでるかなちゃんの姿は、ドロシーへの真の信頼の証です。「ドロシーはまだまだすごくなる」そう思ったステージでした。

 

(つづく)