読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

IDOL NATION NEXTのちまちました記録(その1)

8月14日、国立代々木競技場でおこなわれたIDOL NATION NEXTに行ってきました。

毎年恒例となっているavexの音楽企画・a-nationの初日でもありました。

屋外のアイランドステージでもParty Rocketsやハッピーダンス、さんみゅ〜、mImiなどのライブがありアイドル好きにとってお祭りでした。

 

IDOL NATIONは今年で3回目となりますが、大きく変わった点が2つあります。会場が第二体育館になったことと、アイドルストリートの樋口P指揮の元で児玉雨子さんがトータルプロデュースで参加していることです。どちらも個人的に嬉しい変化なのですが、その件は過去の記事をご覧ください!

 

IDOL NATION NEXTのこと - 細々とこっそりとちまちまと

IDOL NATION NEXTのコラボレーションのこと - 細々とこっそりとちまちまと

 

特に、児玉雨子さんがアイドル歌謡界で感じている「なんとなくの物足りなさ」が何なのか、すごく興味がありました。満タンの期待といっぱいに代々木第二体育館に入場し、開演のときを待ちました。

 

f:id:chima4dn:20140821201429j:plain

http://www.jpnsport.go.jp/yoyogi/sisetu/tabid/76/Default.aspx

 

代々木第二体育館はキャパ4,000人程の会場ですが、入場してみるとステージに向かってスタンド席がすり鉢状に配置されていて、どの席からも見やすい印象です。とにかくステージが見えにくいことは去年のIDOL NATIONの大きな不満点でした。その上で、花道や大きなスクリーンもあって、アイドルのライブをする会場として贅沢すぎる仕様だと思いました。

開演は16時、終演は20時半の予定と聞いていました。どんな「真夏の夜の夢」を見せてくれるのかワクワクしていると、影アナが入ります。プリズム☆メイツの年下メンバーによる拙いアナウンスは、もうとにかくロリ度満点。その筋の人にとってたまらない幕開けになったことでしょう。顔も見えない、誰だか分からない人も多い影アナにしては盛大すぎる歓声と共に夢の時間ははじまりました。

 

トップバッターはSUPER☆GiRLSのラジオ番組出演がきっかけというtrfDJ KOOによる豪華なDJプレイです。ポカーンとしているお客さんやまだ座って準備中な感じの人も多い印象でしたが「a-nation初日盛り上がっていくぜー!」の声に、テンションはトップギア。ピョンピョン跳ねながらガン沸きしていました。

 

IDOL NATION NEXTがはじまったのです。

 

プリズム☆メイツ 

f:id:chima4dn:20140821203333j:plain

セットリスト
  1. チョコレートパラダイス
  2. ポジカルワールド
  3. Glory Days
  4. Dancing Doctor

IDOL NATION NEXTの、2014年のa-nation最初の曲がこれだったことは強調しなければなりません。途中のコラボも含めて、このイベントはロリコンロリコン性に強く訴えかける仕組みを大胆に取り込んでいたように思えます。

 

 ストリート生 e-Street選抜&ストリート生 w-Street選抜

f:id:chima4dn:20140821203441j:plain

f:id:chima4dn:20140821203449j:plain

セットリスト
  1. 絶対! Love Magic
  2. キミ恋てれぱしー(ストリート生 w-Street選抜)
  3. YOU&IDOL(ストリート生 e-Street選抜)

このストリート生のステージが終わったとき、一緒に見ていた友人たちと顔を見合わせて「すでに、この時点で入場料(3,500円)の元は取った」と話していました。鉄板で盛り上がること選曲だったことや、アイドルストリート寄りのお客さんが多かったことを差し引いても、十分すぎるくらい素晴らしいステージだったと思います。個人的には、サッポロ Snow♥Loveits(e-Street SAPPORO)木戸口桜子ちゃんが、正直一瞬誰だかわからないくらい、魅力が増していてキラキラしていたことに驚きました。選抜されたこと、加藤里保菜ちゃんという圧倒的な才能の近くにいること、などが魅力を磨き上げ成長させているのでしょう。終演後もそんな姿が忘れられず、思わず個別買ってしまいました。笑

 

椎名ぴかりん

f:id:chima4dn:20140821204224j:plain

セットリスト
  1. 侵略ぴかりん伝説☆ 
  2. とろあまちゅ
  3. リアルリア充(仮)
  4. 愛故ノ罪ヲ犯シタ僕ノ詩

正直な話、「誰?」と思ってしまったドルヲタも多かったと思われる椎名ぴかりんですが、出演するアイドルたちにとってはまったく別の価値がある存在です。ティーンエイジャーの女性向けファッション雑誌『ポップティーンPopteen)』の読者モデルである彼女をリスペクトしているアイドルは多く、彼女こそがまさに“アイドルのためのアイドル”のひとりなのです。それを踏まえて考えると、スレンダーでモデル的魅力あふれる彼女と厨二病的世界観のステージとのギャップが面白く、IDOL NATION NEXT全体を通しても独特な楽しさだったと思います。

 

Prizmmy☆

f:id:chima4dn:20140822063437j:plain

セットリスト
  1. Jumpin’! Dancin’!
  2. パンピナッ!

元々はテレビアニメ『プリティーリズム・オーロラドリーム』出自を持つ4人組ガールズダンスユニットPrizmmy☆を見たのも去年のIDOL NATION以来となりましたが、素晴らしいステージでした。MCの中で「ダンスの楽しさを伝えたい!」と話していたのが印象的で、4人とも歌とダンスの技術がとても高く、スター性の片鱗も感じさせてくれました。それと、プリズム☆メイツがいることや落ち着いた雰囲気で見過ごしていましたが、まだJCなのですね! 若い! 幼い! 笑

 

IDOL NATION NEXT Special collaboration UNIT-A

f:id:chima4dn:20140821211027j:plain

セットリスト
  1. おジャ魔女カーニバル!
前島亜美(SUPER☆GiRLS)、伊藤祐奈(NEO from アイドリング!!!)、高橋麻里(Dorothy Little Happy)

アニメ好きとして知られるDorothy Little Happy高橋麻里ちゃん、SUPER☆GiRLS前島亜美ちゃんに加えて「おジャ魔女どれみが好きだったことがアイドルになった直接のきっかけ」 というNEO from アイドリング!!!伊藤祐奈ちゃんのトリオは、背景や物語を知っている人には涙すら出てくるような組み合わせでした。伊藤祐奈ちゃんに限らず、今のシーンを引っ張るアイドルの女の子の中には『おジャ魔女どれみ』が好きだったこと、憧れたことを熱を込めて話す子が少なくありません。そんな特別な作品の特別な曲を、特別なステージで歌うことができた3人は、アイドルシーンの中でも選ばれた、特別な3人だったのだと思います。それは同時に、見ることがてきた観客にとっても特別な体験でした。

 

IDOL NATION NEXT Special collaboration UNIT-B

セットリスト
  1. 恋してYES!~これが私のアイドル道

宮崎理奈(SUPER☆GiRLS)、古橋舞悠(NEO from アイドリング!!!)、橋本瑠果(NEO from アイドリング!!!)、椎名ぴかりん、加藤里保菜(ストリート生e-Street選抜)、みあ(Prizmmy☆)、あいり(プリズム☆メイツ)

アイドルストリートが誇る“最強の自己紹介ソング”はグループの壁すらも越えてしまうことが証明されたステージでした。どんなアイドルの、様々なパターンの自己紹介を飲み込む『恋してYES!』のポテンシャルに驚かされると共に、多彩なメンバーによる豪華さと、圧倒的なエネルギーにテンションは最高潮! アイドル同士がコラボすることの楽しさや面白みがギュッと詰まっていて、驚きと感動を与えてくれました。

 

(つづく)