読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

ちまちまアルバムランキング2014【5位〜1位】

音楽 アイドルソング

↓↓↓15位〜11位


ちまちまアルバムランキング2014【15位〜11位】 - 細々とこっそりとちまちまと

↓↓↓10位〜6位

ちまちまアルバムランキング2014【10位〜6位】 - 細々とこっそりとちまちまと


5位 乙女新党 第一幕 ~始まりのうた~

乙女新党 第一幕 ~始まりのうた~(初回限定盤CD+DVD)

乙女新党 第一幕 ~始まりのうた~(初回限定盤CD+DVD)

 4人時代の乙女新党、最初で最後のアルバムは1曲目から最後まで筋が通った物語がある1枚でした。それは、青春をテーマに活動するグループとして、卒業を経験したアイドルとして、切なすぎるドキュメンタリーです。僕はこのアルバムが本当に大好きなのですが、その大好きの中に、悲しい別れが含まれていることが何とも言えない気分です。楽しさと明るさの中に、苦い寂しさがあって、それが2014年のアイドルソングすらも象徴しているようです。

4位 KILLING ME SOFTLY

Killing Me Softly (CD+Blu-ray) (Type-A)

Killing Me Softly (CD+Blu-ray) (Type-A)

 今年を通して、東京女子流は本来あるべき姿に戻ったように思えます。2010年結成とアイドルシーンの中ではベテランであり、フォロワーも多いグループです。その特別な魅力が輝き続けていること、今も他を寄せ付けないオリジナリティがあることを、改めて広く伝え、自信を持って自分たちの道を歩めるようになった1年だったと思います。その片鱗が見えたのが6月の野音であり、このアルバムだったのではないでしょうか。今回、次回作への大きすぎる期待を込めて4位としました。きっと次のアルバムは圧倒的な大傑作になるのでは!

3位 Colore Serenata

 気付けば、昨年のアルバムランキングと連続ランクインはこの竹達彩奈ともう1組だけという事実! 2ndアルバムは、今年も3位より下にすることはできない1枚でした。アイドルソングではきっと不可能な豪華作家陣と制作環境、そのすべてが、彼女の音楽を伝えることにのみ集中投下され、出来上がった作品は竹達彩奈の人柄が伝わるほんわか優しく、ひたすらに楽しいものでした。こだわりも、難かしさもあるはずなのに、聞いている間は楽しくてハッピーな気持ちしかありません! 来年も、その先も、楽しい気持ちになりたいときにはきっと1番に思い出す、そんなアルバムです。

2位 フィッシングライフ

フィッシングライフ(初回生産限定盤)(DVD付)

フィッシングライフ(初回生産限定盤)(DVD付)

 3位の『Colore Serenata』から続けて聞くと、音とか歌とかいろいろ差があってクラクラしますが、それでもこちらを2位とします! 本当にヘンテコな曲がたっぷりで、面食らってしまいますが、実はすごくシンプルな1枚です。釣りが好き。誰かを好き。「好き」の気持ちがアルバムを貫いています。アイドルが好き。音楽が好き。きっと「何か」を好きな人なら、共感して、応援したくなるのではないでしょうか。まるでアイドルを好きになって応援することの追体験のような不思議な気持ちが味わえるアルバムです。

1位 STARTING OVER

STARTING OVER (ALUBUM+DVD)

STARTING OVER (ALUBUM+DVD)

 思えば、2月にリリースされて、ランキング的には総当たり戦でした。そして、頂点に立ったのはやはり『STARTING OVER』でした。語りだしたらキリがない作品ですが、こちらの考察も進んでいます! 『STARTING OVER』のすごさをシンプルに言うならば「よく考えて作られている」からだと思います。
 例えば、ファンが喜ぶものと、自分たちが挑戦したいことのバランスの良さがそれにあたります。食い違うことが多い両者のどちらも妥協せずに納得ができるものを目指し、考え尽くした結果が『STARTING OVER』です。他にも、音のバランスや、曲順や選曲、歌詞の意味など、あらゆる点で「よく考えて作られている」作品です。
 それは、現在のアイドルとファンの距離の近さがあったからこそ成立させることができた挑戦なのかもしれません。ファンがドロシーを思い、直接ドロシーがそれを受け取って、より良いアルバムを作り、より良いドロシーになろうと努力する流れがなければ、1stアルバムから1年という短期間でここまでアイドルファンの満足度が高い1枚は生まれなかったと思います。
 『STARTING OVER』が新しい武器になり、自身になり、今ではリリース当時よりもずっと大きなドロシーになっています。それもまた、このアルバムが傑作だったからこそでしょう。そして、聞き手にとって、『STARTING OVER』は2014年を代表するアルバムであり、永遠の傑作、「聞けば誰もが恋をする」1枚です。



 そんなこんなで、アルバムランキング15位〜1位までお送りしました。順位もそうですが、レビューを書いていて、いろいろ思い出したり考えがまとまったり、1年の終わりって感じです。

 明日は、アイドルソングのランキングを書いていきますので、よかったら、また読んでください。ありがとうございました。

アルバムランキング
1位 STARTING OVER/Dorothy Little Happy
2位 フィッシングライフ/つりビット
3位 Colore Serenata/竹達彩奈
4位 KILLING ME SOFTLY/東京女子流
5位 乙女新党 第一幕 ~始まりのうた~/乙女新党
6位 TRIANGLE/Party Rockets
7位 ひまつぶし/チームしゃちほこ
8位 NOISY Lab./ZAQ
9位 世界の中心は大阪や ~なんば自治区~/NMB48 
10位 BABYMETAL/BABYMETAL
11位 MAGI9 PLAYLAND/9nine
12位 テゴマスの青春/テゴマス
13位 Disney Rocks!!! Girl's Power!/コンピレーション
14位 AWAKE ~LinQ 第二楽章~ [九州盤]/ LinQ
15位 The Amazing Spider-Man 2 (The Original Motion Picture Soundtrack) /サウンドトラック


(おわり)



↓↓↓昨年のランキングはこちら


ちまちまアルバムランキング2013【15位〜6位】 - 細々とこっそりとちまちまと


ちまちまアルバムランキング2013【5位〜1位】 - 細々とこっそりとちまちまと