読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

ロリコンのアイドル好きが猛プッシュ食らって聞いた超特急 1stアルバム『RING』レビュー

 まずは近況報告から。最近Huluに加入しました。HKT48宮脇咲良ちゃん主演の『マジすか学園4』と『HaKaTa百貨店3』がお目当てなのですがどちらも楽しすぎます。『マジすか学園4』はテレビ放送より1週早くて今3話。アクションシーンが迫力があって、iPhoneで見るのがもったいなく感じます。『HaKaTa百貨店3』は田島芽瑠ちゃんが頑張って番組を明るくしてくれていて、矢吹奈子ちゃんは毎週マジ子供で最高です。
 それから、今度、AKB48劇場公演に初めて行くことになりました。Team8見てきます。かわいい子いっぱいなので楽しみすぎます〜。

f:id:chima4dn:20150129235400p:plain

 ・・・こんな人間が書くことなので、初めて読みに来てくださった皆さん、生暖かくお付き合いいただければと思います。それでは語っていきます!

収録曲
1.SURVIVOR
2.Superstar
3.ikki!!!!!i!!
4.Believe×Believe
5.Star Gear
6.Billion Beats
7.EBiDAY EBiNAI
8.Bloody Night
9.What's going on ?
10.Time Wave
11.Kiss Me Baby
12.Gravitation
13.Bye Bye Bye

ちょっと懐かしい音楽

 先週、約5ヶ月ぶりに会った友人がどっぷり超特急ファン(8号車というそうです)になっていました。写メ会で積んだCDをもらいました。超特急のこともNEWS以外の男性アイドルのことも基本門外漢ですが、せっかくなので聞いています。
 超特急は7人組の男性グループで、5人のダンサーと2人のボーカルという構成だそうです。アルバムを聞いてすぐにダンスに力を入れていることが伝わってきました。収録曲はどれも四つ打ちのダンスミュージックで、メリハリの効いたリズムについついボリュームを上げてしまいます。ヘッドホンではなく、大きなスピーカーで聞きたくなります。耳ではなく体で感じたい音楽です。
 女性アイドルソングでも四つ打ちのダンスミュージックは人気がありますが、ここ数年で「ビートの勢力図」が塗り変わっています。特に『恋するフォーチュンクッキー』以降(と言い切っていいと思うのですが)、リズムが後ろにある楽曲が勢力を増してきています。
 アルバム『RING』を聞いていると、今のようになる前の女性アイドルソングのことを懐かしく思い出してしまいます。具体的には、だいたい2011年〜2012年でしょうか。過剰なくらいに前のめりで、全力で、スポットライトで輝く汗こそが正義だった頃です。超特急のことはほとんど何もわかりませんが、この音楽が鳴り響くライブハウスにはあの頃と同じ熱や勢いがきっとあるのではないかと思います。

男性アイドルの王道 + ???

感じる熱や勢いは、超特急の事務所の先輩ももいろクローバーZを連想させなくはありません。でも、楽曲的にはまったく違うものです。Wikipediaにも「ももいろクローバーZの遺伝子を継承した男性グループ」と書いてありますが、アルバムを聞く限りでは僕はそう思いませんでした。その音楽は、ちゃんと新しくて、面白く、オリジナリティがあります。
 作詞・作曲・編曲のクレジットを見ながら聞いていくと、超特急の音楽がよくわかります。MEG.MEさんの楽曲は和製K-POPのカラーが強く、立山秋航さんや陶山隼さん、渡辺未来さんなどの楽曲はジャニーズ的な王道感があります。超特急はK-POPとジャニーズという現代型男性アイドルの王道的音楽のハイブリッド的な存在なのだと僕は考えています。それは、女性アイドル好きの僕からすれば、すごく真面目で、誠実なグループのあり方です。
 そして、和製K-POPとジャニーズ的音楽の楽しさのいいとこ取りをしながら、超特急オリジナルの要素がプラスされていると感じました。

音の感触を楽しむ

 超特急の歌詞は言葉遊びが豊富です。『Believe×Believe』では「Believe」と「ビリビリ」、『Bloody Night』では「罠」と「Wanna」などわかりやすいものから、『ikki!!!!!i!!』の「いっき」の使い方、『Star Gear』の合いの手、『Billion Beats』の数字表現、『What's going on?』のライミング、『Kiss Me Baby』のコーラスなど、リズムや音の感触をかなり意識して歌詞を作っているのではないかと思います。
 中には、ほとんどダジャレのレベルに片足突っ込んでるようなフレーズもあって、歌詞カードを読んでいてユーモラスな気持ちになります。どことなく「クサさ」と「ダサさ」を感じさせるような歌を作ろうとしているように僕には思えます。そんな超特急の音楽にはシンプルな楽しさがあって、親しみやすさを感じます。

好きな曲

ikki!!!!!i!!


超特急「ikki!!!!!i!!」MUSIC VIDEO - YouTube

 1985年発売のファミコンゲーム『いっき』のBGMがサンプリングされています。トラウマレベルのクソゲーで、当時BGMが優れてるとか誰も言ってなかったんじゃないでしょうか。なぜ『いっき』を... そんな困惑が吹き飛ぶハイテンションな楽曲です。

Bloody Night


超特急「Bloody Night」MUSIC VIDEO - YouTube

 NEWSの加藤シゲアキ君のソロ曲『ヴァンパイアはかく語りき』という曲を連想する世界観だと思いましたが、改めて聞き比べてみたら『Bloody Night』の方がちゃんとした曲でした。ごめんなさい。ライブで盛り上がりそうな曲ですね。

Gravitation


超特急「Gravitation」MUSIC VIDEO - YouTube

 ミュージカルみたいに曲中で展開が変わって楽しいです。僕は間奏愛好家でもあるので、こういう歌と歌の間に遊びがある曲はすごく好きです。ダンスの見せ場も多そうな曲ですし、こちらもライブ映えするのかなあと想像してしまします。


 そんなこんなで、がっつりとアルバム聞き込んで、歌詞を読んで、個人的には結構楽しいアルバムでした。男性アイドルと女性アイドルの違いについて考えるきっかけにもなったので、その辺はもうちょっと煮詰めて別の機会に何か書いてみたいと思います。

 それでは、感想&拡散お待ちしてます! 機会があれば、またお会いしましょう〜。

RING(指定席盤)

RING(指定席盤)