読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

@JAM the Field Vol.7のちまちました記録(セットリスト・ライブレポート)

@JAM ライブ

 2月1日、渋谷TSUTAYA O-EASTでおこなわれた「@JAM the Field Vol.7」にいってきました。チケット完売、当日券は電話予約が必要ということで、始まる前から熱気が渦巻くイベントでした。バンドの聖地であり、ライブハウスの老舗「O-EAST」にぴったりの攻撃的なラインナップに、冬の寒さを忘れたいアイドルファンが集まったのかも知れません。会場は今年最速の夏のように熱く盛り上がりました。


アイドルネッサンス

f:id:chima4dn:20150203222223j:plain

あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
YOU
17才

 オープニングアクトとして登場したのは「アイドルファンが選ぶ2014年の新人賞」と言っても過言ではないアイドルネッサンス。出演者の中でも際立つフレッシュさがありつつ、パフォーマンスのクオリティは高く、カバーした過去の名曲たちの魅力を引き出していました。3曲だけなのが本当にもったいないと思ったのは僕だけではないはずです。ライブを見るのは3〜4回目でしたが、まいなちゃんが気になる子ちゃんかもしれません。今度、特典会にも行ってみたいです。

 

愛乙女☆DOLL

f:id:chima4dn:20150203222247j:plain

ワチャゴナ!
☆U☆
キセキ
ビターチョコ・バレンタイン
High Jump!!
流れ星

 愛乙女☆DOLL(らぶどる)を見るのは結構ひさしぶりでした。ひと癖あって、独自な音楽性がある出演者の中で、アイドルの王道な雰囲気で勝負していた印象でした。トップバッターでしたがその印象は終演まで残っていて、明るい笑顔と会場を盛り上げたい気持ちが伝わるパフォーマンスは、実に高度で、レベルが高いものだったと思います。純粋に、楽しかったです!

ゆるめるモ!

f:id:chima4dn:20150203222310j:plain

(セトリ情報募集中です)

 アイドル界でも独特な立ち位置を築きつつあるゆるめるモ!、初めてライブを見ることができました。変拍子を積極的に取り入れた楽曲がユニークで、ガツンと食らわされた気持ちになりました。POLYSICSが提供した楽曲もあるということで、DJやロックファンが好きそうなライブパフォーマンスだと思いました。今年はフェスに引っ張りだこなアイドルになるのかもしれません!

lyrical school

f:id:chima4dn:20150203222328j:plain

photograph
プチャヘンザ
PARADE
Maybe Love
PRIDE
FRESH!!

 lyrical schoolは本当にいいグループになりましたね。ラップのスキルやパフォーマンス力以上に6人のキャラが立っていて、突き抜けて一体感があるライブでした。正直、顔と名前が一致しない子もいましたが、ひと目見てどんな子か伝わってきました。ヒップホップというジャンル的にキャラ立ちは大事な要素です。tofubeatsの楽曲の良さと合わさって、ついつい体が動いて、笑顔になってしまいました。

GALETTe*

f:id:chima4dn:20150203222355j:plain

Brand-New Style
G
She is WANNABE!
ダンスフロア☆フィーバー
Candy Pop
じゃじゃ馬と呼ばないで

 GALETTe*は(たぶん)初見でした。そして、保坂朱乃ちゃん最後のライブということで、よく知らない僕ですがステージと客席の思いを受け取ってしまい、涙腺崩壊のライブになってしまいました。「この時間を大切にしよう」という気持ちが歌やダンス、ファンの皆さんの応援から伝わってきて、それはもう、泣いても仕方がないレベルでした。ダンサブルでケレン味ある楽曲も好みで、終演後は物販でCDをゲットし、握手会に参加しました。また、ライブ見に行きたいです。

GEM

f:id:chima4dn:20150203222421j:plain

We're GEM!
BFF
Star Shine Story
Just! Call Me
Do You Believe?
Can't Stop Loving

 このラインナップの中では普段から見ている方のGEMですが、改めて魅力に気付かされるばかりでした。見るごとに新しい魅力や楽しさを発見して、不思議な奥行きを感じるパフォーマンスで、それは特に『Do You Believe?』で感じました。百人百様の「好き」が見つかる、それは珍しく素晴らしいグループに育ちつつあるのかもしれません。


二丁ハロ

f:id:chima4dn:20150203222443j:plain

nerve
FiNAL DANCE

 オネエ系アイドルとして性別を超えて出演となりました。振り付けを担当したBiSの代表曲を踊りながら、MCは抜群の面白さで、キレの良さと爆笑のギャップがすごく良かったです。8月の@JAM EXPOにぜひ出演して、トーク企画&ダンス企画で盛り上げて欲しいと思いました。

callme

f:id:chima4dn:20150203222552j:plain

To shine
Once again

 Dorothy Little Happyの年下組3人のユニットはこの日が初披露となりました。楽曲も、ビジュアルコンセプトも発表されておらず、ワクワクしながら登場を待ちました。美杜ちゃんが担当した楽曲はユニークで、香美ちゃんが担当したダンスは繊細さと大胆さがある気心が知れた3人だからこそできる魅力がありました。リーダーの瑠海ちゃんからはグループを引っ張りたいという強い意志が感じられました。callmeの活動を通して、3人はまたひとつ成長するのだと僕はすでに確信しています。

アップアップガールズ(仮)

f:id:chima4dn:20150203222612j:plain

全力!Pump Up!! 
虹色モザイク
Beautiful Dreamer
キラキラミライ
UPPER ROCK
アッパカット!

 新旧織り交ぜたセットリストは鉄板で、この日1番安定感があるパフォーマンスを見せてくれました。開演から3時間半が経っていて、体力のピークが見えてくる時間帯ですが、そんなことお構いなしに盛り上げ、客席を熱くするのがアプガらしいと思いました。

ベイビーレイズJAPAN

f:id:chima4dn:20150203222640j:plain

Level 1
ロックオン・ダーリン
ベイビーステップ
虎虎タイガー!!
JUMP
新しい世界

 昨年12月に武道館公演をおこない「ベイビーレイズJAPAN」として新しいスタートラインを切ったことが感じられるいいライブでした。緩急のあるセットリスト、確実に感じられるメンバーの成長、ロックでヘソ出しな衣装や振り付けのほどよいアイドル性、とてもバランスが良かったと思います。正直、久しぶりに見て、すごく感心しました。披露した楽曲の方向性や今のグループの雰囲気が、なんだかすごくO-EASTという会場にあっているように見えました。

PASSPO☆

f:id:chima4dn:20150203222700j:plain

BREAK OUT!!
WING
FAKE
Perfect Sky
向日葵
I

 PASSPO☆も1月ピンク担当の奥仲麻琴が卒業し、8人体制でのリスタート中です。新しい決意と覚悟はこの日のパフォーマンスからも感じることができ、『Perfect Sky』や『I』の歌詞が胸に響きました。そもそもファンが多いこともあるとは思いますが、会場は激しく盛り上がり、それに呼応するようにPASSPO☆のパフォーマンスは燃え上がり、特別な時間と空間を感じさせてくれました。

ひめキュンフルーツ缶

f:id:chima4dn:20150203222727j:plain

電撃フラストレーション
飛びかうフール
アンダンテ
リベンジ -虎の巻-
それ冗談! これ本気!!
クライムクラウン
キラーチューン

 PASSPO☆のパフォーマンスが素晴らしかったので「ひめキュンがトリで大丈夫かな?」と転換のわずかな時間思ったりしましたが、BGMに続いてひめキュンフルーツ缶の5人が登場し、1曲目『電撃フラストレーション』が流れた瞬間にそんな気持ちはどこかに飛んで行きました。出場者の中で唯一、MC無しノンストップのセットリストは、ジェットコースターに乗っているような高揚感と爽快感がありました。ベイビーレイズJAPAN、PASSPO☆とロック色が強いと言われるグループと比べても、異色で濃密なライブパフォーマンスは圧巻で、僕はすっかり虜になってしまいました。推しメンは谷尾桜子さんです。顔も声も佇まいにも好きしかありません。4月に北海道にツアーで来てくれるので、絶対に行きたいと思いました。

【総評】甘い 苦い すっぱい どうだろう

 全12組のライブを振り返ってみると、今回の@JAMはライブパフォーマンスに確かな実力があって、他とは違う個性を発揮できるグループが集められていたように感じます。オリジナリティがあるグループばかりだからこそ「僕には合わない」と先入観を持ってしまうアイドルファンも少なくないように思いますし、そういう人は「目玉がなかった」と花マルを付けられないイベントだったかもしれません。
 一方で、パフォーマンスの違いを感じたい人、音楽の幅を楽しみたい人にとっては最高のイベントだったのではないでしょうか。グループのことを知らなくても、メンバーの顔と名前が一致していなくても、推しメンがいなくても、そんなの関係なかったはずです。それぞれがこんなに違って、みんなが全力で頑張っていること。違う方向に向かっているからこそ、見つかる面白さがあると僕は思いました。
 自分が好きなもの、居心地がいい場所、それは狭く小さな世界なのかもしれません。カーテンを開けて、窓の外には、広い世界や違う価値観、まだ出会っていない「大好き」がないとは言えないはずです。ひょんなことで、得意ではなかった世界のどこかに出会いを見つけることができれば、それは素敵なことです。これからも、@JAMが新しい出会いのきっかけを作り、縁を繋いでくれるイベントであって欲しいと思いました。


 次の開催はZeppダイバーシティ東京「@JAM2015」と発表になっています。5月30日がアイドル、31日がアニソンだそうです。すでに、アイドリング!!!やSUPER☆GiRLSなど第1弾出場者が発表になっています。楽しみに待ちたいと思います!


@JAM 2015


電撃プリンセス【生産限定盤】

電撃プリンセス【生産限定盤】

  • アーティスト: ひめキュンフルーツ缶
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2014/12/24
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
「YOU」

「YOU」