読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

乙女Rocketsスプリットツアー2015 SPRING 仙台ライブレポート

Party Rockets 乙女新党 乙女Rockets ライブ

 3月8日、仙台MACANAで行われた乙女Rocketsのライブに行ってきました。乙女Rocketsは乙女新党とParty Rockets(パティロケ)が合体して結成された期間限定ユニットで、このライブは仙台・名古屋・大阪・東京を回るスプリットツアーの初日でした。
 カラーが違う2組ですし、どんなライブになるのかまったく予想できませんでした。正直、楽しめなかったらどうしようとか不安な気持ちもありました。それが、どうでしょう!
 とっても楽しく、新しく、驚きいっぱいのライブでした! メモリアルなライブを抜かして単純なライブの楽しさだけなら、今までに見たアイドルのライブの中で、5本の指に入るものだったと言い切ってもいいです!
 ライブの構成、グループの魅力、そして特別感。面白いライブになる工夫が重なって、あんなにも爆発力があるライブになったのだと思います。少しでも魅力が伝わるように頑張ってレポートしていきます!

f:id:chima4dn:20150309235336j:plain

セットリスト

第1部

M1.2学期デビュー大作戦!! (全員)
M2.新・乙女新党のうた
M3.好きすぎて生きるのがツライよ
M4.初恋ロケット
M5.RAINBOW!! (コラボ)
M6.ビバ!乙女の大冒険っ!! (コラボ)
M7.Life Goes On
M8.Let's Go!!
M9.アゲハ今
M10.KASABUTA (コラボ)
M11.キミとピーカン☆NATSU宣言っ!!!
M12.お受験ロッケンロール
M13.ボクだけの世界
M14.もうそう★こうかんにっき (コラボ)
M15.ときめき☆パラドックス (コラボ)
M16.セツナソラ (コラボ)
M17.サクラカウントダウン(全員)
En1.弾丸ハイジャンプ(全員)

第2部

M1.イマジンな愛の歌 (全員)
M2.絶対♡LOVE
M3.新・乙女新党のうた
M4.ビバ!乙女の大冒険っ!!
M5.もうそう★こうかんにっき (コラボ)
M6.サクラカウントダウン(全員)
M7.Let's Go!!
M8.好きすぎて生きるのがツライよ
M9.セツナソラ
M10.RAINBOW!! (コラボ)
M11.キミとピーカン☆NATSU宣言っ!!!
M12.とりことりことりこ
M13.乙女の365日
M14.わんだほーにゃんだほー (コラボ)
M15.ROCKIN' HORSE BALLERINA(コラボ)
M16.ときめき☆パラドックス (コラボ)
M17.弾丸ハイジャンプ(全員)
En1.2学期デビュー大作戦!! (全員)
En2.イマジンな愛の歌 (全員)


 ぜひ、流さずにセットリストをじっくり見てみてください。ここには大きく3つの驚きがあります。
 18曲〜19曲、約2時間のセットリスト。たぶん僕だけじゃないと思いますが、こんなにガッツリとライブが見られると思っていませんでした。これが1つ目の驚きです。ライブ中のMCは自己紹介と簡単な告知、感想のみで極力コンパクトにまとめられています。歌って、引っ込んで、また歌うというスムーズな流れで、ダレる場所がありません。ライブを楽しみたい人にはこれ以上ないくらい理想的な構成だと思います。
 2つ目の驚きはコラボ曲の多さです。乙女新党6人とパティロケ3人がそれぞれ単独でパフォーマンスした曲が9曲、9人全員や選抜メンバー数人で披露した曲が9曲と、半分がコラボ曲です。今までに僕が見たアイドルの対バンやフェス、数組でのスプリットツアー、オールスターイベントの中でも突出してコラボの割合が大きくなっています。皆さんの経験でもそうではありませんか? まるで"乙女Rockets"というグループが元々あって、そのユニット曲として各グループが持ち歌を披露しているような感覚の方が近いと思いました。それは今までに見たアイドルのライブとは違う、過去に経験したことがないライブ体験でした。
 それぞれの活動をしながら他のグループの曲を披露できるレベルまで覚えることは大変なことだと思います。そんな大変なことをしていながら、1部と2部でこんなにもセットリストが違うのです。1部でコラボした曲を、2部では普通にパフォーマンスしていたり、盛り上がる曲を両部に分散させたりしています。1部も2部も見た人は余裕を感じさせる、贅沢なセットリストだと思ったのではないでしょうか。同時に見る人を油断させない、ワクワクさせる仕掛けになっていました。これが3つ目の驚きです。
 ライブのボリューム、コラボの充実度、1部と2部から感じる贅沢感。どれかひとつでも高い満足度が得られそうなものが、3つもそろっていたのです。楽しくないわけがありません。でも、もっと大きな楽しさを作り出すものがあります。それは他でもなく、乙女新党とパティロケの2組です。

乙女新党とパティロケ

 乙女新党もパティロケも現在活動しているアイドルの中でもユニークな個性を持っています。それは磁石のN極とS極のように正反対の方向を向いたものだと思います。
 乙女新党はテレビ番組の企画として生まれました。現在の6人も別々の事務所に所属していて、メンバーカラーで色分けされた個人の力を強く感じるグループです。楽曲はテンポが速く、ギミックが多いものが多く、おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさに満ちた、可愛いアイドルソングを得意としています。
 一方、パティロケは小学生の頃から組んでいたユニットから選抜されて結成されました。3人の結び付きは強く、グループでひとつというイメージがあります。楽曲はギターが印象的なハードロックサウンドに特化していて、激しくエモーションでケレン味がある、かっこいいアイドルソングを得意としています。
 そんな風に出自も、成り立ちも、コンセプトも違う2組ですから、コラボで生まれる化学反応は劇烈なものになりました。あんなにもクールな表情で激しく踊る乙女新党を見られるなんて思っていませんでしたし、いつもと違う楽曲で素に近いような表情ではしゃぐパティロケの可愛いの破壊力はすさまじいものでした。個人的には『KASABUTA』の高橋優里花ちゃんの表情、『セツナソラ』の相原まりちゃんの歌声とダンス、『ときめき☆パラドックス』の藤田あかりちゃんの萌え台詞、『わんだほーにゃんだほー』の吉木悠佳の動物マネなど、新しい魅力にテンション上がりっぱなしでした。乙女新党とパティロケがお互いの強みを発揮しながら、足りないものを補い合って成立させるライブは、本当に特別な楽しさに満ちていました。
 どうしてこんなにも2組は見事な化学反応を起こすことができたのか僕は不思議に思いました。わかりませんが、仮に別のアイドルグループが組んで同じことをしようとしても、こんなにうまくいかないのではないでしょうか。運営方法やメンバーの性格次第なのかもしれませんが、もっと大きな別の何かがあるはずです。
 2組には1つの大きな共通点があります。乙女新党は葵わかなちゃんと荒川ちかちゃん、パティロケは渡邉幸愛ちゃんという、グループの中心的存在の卒業を経験しているのです。中心の不在は自分たちを客観的に見るきっかけになり、メンバーを成長させ、変化に柔軟に対応できる力と心を育てることにつながっていきます。そんな2組だからこそ奇跡のようなコラボレーションを成立させ、魔法のような楽しさを生み出しているのだと思います。

ツアーは続く!

 とはいえ、まだまだ荒削りで未完成なところも多い乙女Rocketsです。それは欠点ではなく、名古屋・大阪・東京の各2公演で「目に見えてわかる成長」というさらなる楽しさへの期待感をもたらしてくれます。まだ間に合いますので、ざひ乙女Rocketsを目撃してください。「乙女新党もパティロケもわからない」という人も問題ありません。初見とかご無沙汰とか関係なく、きっと忘れられないライブになると保証します。

乙女 Rockets スプリットツアー2015 SPRING

2015年3月8日(日)宮城県 仙台MACANA
2015年3月14日(土)愛知県 RAD HALL
2015年3月15日(日)大阪府 OSAKA MUSE
2015年3月28日(土)東京都 新宿BLAZE
【開場・開演】 12:00/13:00 16:30/17:00
【チケット】  オールスタンディング ¥3,500-(税込)※ドリンク代別途
http://partyrockets.net/kiji/2386/

 ぜひ、一緒に楽しみましょう!!


キミとピーカン☆NATSU宣言っ!!! 初回限定盤B(CD+DVD)

キミとピーカン☆NATSU宣言っ!!! 初回限定盤B(CD+DVD)

乙女新党 第一幕 ~始まりのうた~(初回限定盤CD+DVD)

乙女新党 第一幕 ~始まりのうた~(初回限定盤CD+DVD)

TRIANGLE

TRIANGLE

Party Rocketsワンマンライブ~FULL THROTTLE~ [DVD]

Party Rocketsワンマンライブ~FULL THROTTLE~ [DVD]