読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

波乱の先に! AKB48 41stシングル選抜総選挙 1位大予想

AKB総選挙2015

 6月6日、ついに開票となるAKB48総選挙。今年の注目ポイントは「順位予想不可能」と言われているくらい結果がわからないことです。
 中でも、1位の予想がここまで難しいことは過去にないことではないでしょうか。前田敦子VS大島優子、指原莉乃VS渡辺麻友などの対立構図を今年は明確には存在しません。複数の1位候補が乱立し、頭ひとつの差で誰が抜けてもおかしくないと思っています。

 そこで今日は「誰が1位になるのか」を考えるのではなく、「この子が1位になったらどんな1年になるのか」を予想してみたいと思います。1位、そしてその先にどんな物語が生まれるのか。センターを飾るのはどんな楽曲になるのか。来年の(気が早い!)総選挙はどうなるのか。好き勝手に妄想して書いていきます。
 1位候補として語られることが多い、柏木由紀、指原莉乃、高橋みなみ、松井珠理奈、山本彩、渡辺麻友の6人(五十音順)をピックアップして語っていきます。お付き合いください!

ついに手に入れた栄冠! 柏木由紀!


 福岡ヤフオクドームでの開票ということで盛り上がっているのは地元・HKT48だけではありません。鹿児島出身の柏木由紀にとっても大きなことなのです。昨年の総選挙は3位。いつもあと一歩で届かなかった栄冠を九州で手にすることはとてもドラマティックです。加えて、1位による露出アップは兼任先であるNGT48の始動にも力強い加速となるでしょう。AKBグループ随一のパフォーマンス力を誇る柏木由紀センターの楽曲は、メロディーが綺麗なバラードやR&Bナンバーが聞いてみたいです。

地元で果たした王座奪還! 指原莉乃!


 2013年の王者で昨年は惜しくも2位、HKT48のお膝元・福岡での開票。速報では3年連続1位。追い風もありますが、それ以上のプレッシャーを感じているのが指原莉乃でしょう。その重圧の先で奪還した王座は、2年前に手にしたもの以上に優しさと温もりがあればいいと思います。『恋するフォーチュンクッキー』に続く指原莉乃センターの楽曲は、キャッチーで親しみやすくお茶の間に浸透する歌になると期待します。

報われた努力と新たなスタート! 高橋みなみ!


 「最後の年なので1位を獲りたい」10年の区切りに卒業を発表している高橋みなみには、変な言い方ですが、1位になる資格があります。AKB48の一期生として、総監督として。彼女が積み上げた努力は自分のためだけではなくAKBグループ全体のためのものでした。みんなが受けた恩の形として1位という順位はふさわしい価値を持つと思います。その結果は高橋みなみの未来を照らし、AKBグループの未来に新しい道を作ってくれるでしょう。センター曲はお祭りのようなにぎやかで楽しいものがいいですね。

三冠で証明される栄の熱! 松井珠理奈!


 リクエストアワー2015での『鈴懸なんちゃら』1位の記憶も新しい松井珠理奈。今回1位になれば「選挙に強い」とされるSKE48のファンの本気度が証明されることになるでしょう。18歳になって、活動の幅が広がっている松井珠理奈にとって、今年1位になることは彼女が「SKE48の象徴」から「AKBグループの顔」になる良いタイミングだと思います。センター曲はSKE48の名曲『Escape』のような激しく、クールでカッコイイものが聞いてみたいです。

悔しさを越え届いたテッペン! 山本彩!


 AKBファンの間で実質的に一番人気なのは誰かと考えると、今一番"個握"が取れないメンバー・山本彩は最有力候補でしょう。そんな彼女やNMB48にとって選抜総選挙は相性が良いイベントではないらしく、昨年の結果や今年の速報を受けて悔しさを語っています。山本彩の1位はその雪辱を晴らし、NMB48がひとつ上のステージにあがるきっかけになるはずです。自身でエレキギターも演奏できる山本彩センターの楽曲は、爽快感があるロックナンバーがぴったりだと思います。

二連覇で真の王者に! 渡辺麻友!


 過去、総選挙で二連覇を果たしたメンバーはいません。そんな中で、AKBグループの中で最もアイドル的資質が高いメンバーのひとりである渡辺麻友が今年も王者となったならば、アイドルグループとしてのAKB48、もしくはアイドルシーン全体の光となると思います。二連覇の際には、『心のプラカード』よりもっとシンプルでわかりやすい王道アイドルソングを渡辺麻友センターで歌ってほしいです。


 以上、好き勝手に書いてきました。いかがでしたでしょうか?
 誰が1位になってもドラマが生まれるのだと改めて思いました。もっと言えば、1位〜80位のどの順位にも胸を打つ物語が生まれる余地があって、考えれば考えるほど、没頭すればしただけ味わい深いのが総選挙なのだと感じました。

 投票まだ間に合います! ぜひ投票して、この物語の世界に行きましょう〜。

 次回は総選挙直前! 今年リリースされたAKB楽曲のことを書きたいと思います。


AKB48総選挙公式ガイドブック2015 (講談社 MOOK)

AKB48総選挙公式ガイドブック2015 (講談社 MOOK)