読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

ガチで選んだセブンプレミアムランキングBEST10(10位〜6位)

 こう見えて家計簿を付けているのですが、最近セブンプレミアムがキテます。セブンプレミアムとはコンビニエンスストア『セブンイレブン』やスーパーマーケット『イトーヨーカドー』で販売されているプライベートブランドです。各種食料品から雑貨まで多彩で高品質な品揃えが魅力で、皆さんの生活のどこかにも必ずあるのではないでしょうか。

 僕は今年でひとり暮らし13年目になります。振り返ってみると、外食に凝っていた時期もあれば、自炊を頑張っていた時期もありました。最近はなるべくミニマムな食生活をするべくアウトソーシングが進んでいて(食べに行くのも作るのもダルいから買って済ませようの意)、結果、セブンプレミアムのお世話になりっぱなしです。先月の食費の9割がセブンイレブンのレシートで、大半がセブンプレミアムだったくらいです。

 今回は、毎日毎時毎秒単位で利用しているセブンプレミアムの商品の中から大好きな10品を紹介していきます。

10位 ストロングチューハイ・レモン(350ml)

 以前、ヲタクとアル中は安酒を好むと聞いたとき他人事だとは思えませんでした。安い酒で安く酔う。それを超える幸せがあるのなら教えて欲しいものです。1本96円(税込)というコンビニ最安値。アルコール度数8%とストロング系のトレンドも押さえていてさすがです。一方で、安酒らしく調子に乗って買いすぎて飲みすぎると悪酔いするのもまた味わい深いです。仕事に支障がでないように週末に飲みたいものですね(33歳・社畜)。

9位 マカロニサラダ

 北海道で居酒屋に行くとだいたいのお店で"ラーメンサラダ"というメニューがあります。すごいですよね。ラーメンなのにサラダ。炭水化物なのに健康。「この味がいいね」と誰かが言ったのか知りませんが、サラダと付いているだけで、どこか健康的な気分になります。このマカロニサラダもそんな一品。本当にけしからん、と言いながら今日も野菜の甘みとマヨネーズの絶妙なコラボを味わってしまうのです。

8位 焼き餃子 5個

 餃子とは悪魔の食べ物なのではないかと思うときがあります。ひき肉+ニンニク+野菜。餃子の方程式の解答は「美味しい」しかないのですから。いや、ひとつだけ例外があります。「冷めた餃子」です。温かい餃子、アツアツの餃子は常に正義で、それ以外は魔女裁判にかけられても仕方がないのです、たとえ現代の日本でも。そんな中で、セブンプレミアムの餃子はどうでしょう。電子レンジで簡単に調理できて、食べ切りにちょうどいい5個入り。正直味はまあまあですが、アツアツで食べるのならもちろん正義です。しかも108円(税込)。正義の素晴らしさを知れるひとときです。

7位 ザーサイ炒め

 あぁ! 会場から大きなため息と歓声が聞こえてきます。あのザーサイが悲願の神7入り! ゴマ油の香りと適切なピリ辛さ、贅沢な肉感が感じられる一品は酒の肴票&薬味票、そして中国票を取り込みました。「枝豆がライバル」「おつまみの概念を壊したい」そんなスピーチも記憶に残る彼女は、もっと上位でもおかしくない、そう思わされる説得力がありました!

6位 担々麺(冷凍)

 270円(税込)を高いと思うか、安いと思うか。意見が割れてしまいこの順位となりました。でも、もしもこの担々麺がお店で出てきたとしたならば、500円でも安いと思うはずです。見た目のゴージャスさ、麺のコシ、スープの美味しさ。電子レンジで簡単にできてしまうことが贅沢で、もったいないと僕は思ってしまいます。本当に絶品の一品。


 そんなこんなで、いかがでしたでしょうか。アイドルのことばかり書いているブログで突然のセブンプレミアム特集。実は、更新の時間がなくネタを練る時間もない日はこれを書こうと決めていたのでした。笑

 続く5位〜1位はどんなランキングなのか。続きはまたしても更新が難しいときに書きたいと思います。それまで、お待ちください!
 ランキングの感想や皆さんのセブンプレミアムへの思いも聞きたいと思いました。お待ちしています〜。


セブン-イレブンだけがなぜ勝ち続けるのか (日経ビジネス人文庫)

セブン-イレブンだけがなぜ勝ち続けるのか (日経ビジネス人文庫)

セブン-イレブン 終わりなき革新 (日経ビジネス人文庫)

セブン-イレブン 終わりなき革新 (日経ビジネス人文庫)