読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

非アイドルが進む線路:超特急「スターダスト LOVE TRAIN/バッタマン」レビュー

超特急 アイドルソング

 ほんとに不思議なんですけど、知人友人がどんどん超特急にハマっていってます。札幌の女子も東京の男子も。僕のまわりだけでしょうか? でも、今回のシングルを聞いているとそんな勢いの秘密がわかるような気がしました。3周年のタイミングでリリースされた新曲をレビューします。

スターダスト LOVE TRAIN


超特急「スターダスト LOVE TRAIN」MUSIC VIDEO - YouTube

 作詞・作曲・編曲は小室哲哉さん。説明不要ですね。歌い出しの入り方やサビのメロディー、まんまTK。世代的にどんぴしゃなものですから鳥肌が立ちました。グループのコンセプトを意識したような歌詞も面白く「リニアに負けない静かさで 虎視眈々狙っていこうよ」の情熱を内に秘めてる感じ結構好きです。曲名の『スターダスト〜』というと、ももいろクローバー『スターダストセレナーデ』から続く事務所の看板を掲げたシリーズですが、私立恵比寿中学、チームしゃちほこなどシリーズどれも全然違う感じの楽曲で今回はどんな感じなのか楽しみにしていました。結果、独特な味わいがある楽曲になっていて、他のと聞き比べても楽しいかもしれないと思いました。

バッタマン


超特急「バッタマン」MUSIC VIDEO - YouTube

 こちらの作詞・作曲はヒャダインこと前山田健一さん。TKとヒャダインの曲が同じシングルに収録とは豪華な並びです。聞く前まで『バッタマン』もヒャダインらしい変化球アイドルソングかと思っていましたが、インドネシア発祥の高速BPMダンスミュージック"FUNKOT"を取り入れた意欲作となっていて、良い意味で期待を裏切られました。編曲にクレジットされているJockie MASTA BASS Suamaさんは日本人FUNKOT DJとして活動している方らしく、トンがったアレンジが癖になります。『バッタマン』も他のFUNKOT同様、大きなスピーカーで鳴らして体に音を響かせると楽しく、できればライブでそうでなくてもフロアで爆音でガン沸きしたいものです。

王道アイドルと非アイドルと8号車

 2曲とも全然違う方向に突っ走っていて、両A面も納得の贅沢さでした。懐かしいサウンドの『スターダスト LOVE TRAIN』、EDMの先を行く最新ダンスミュージック『バッタマン』。なんて両極端な2曲でしょう。保守性と先進性、逆方向に突っ走っています。
 超特急は「非アイドル」をコンセプトに活動していると聞きます。今までそのことはあまり意識していなかったのですが、『スターダスト LOVE TRAIN』と『バッタマン』を聞いているうちにふと思い出して、少しわかったような気持ちになりました。

 女性アイドル、男性アイドルどちらも「アイドルとはこういうもの」という固定観念を背負って活動しています。ファンが求めるアイドルの形は千差万別ですが、最大公約数的な理想にはキチンとした形があるのです。それを大きく満たした場合(もしくはなろうとして認められた場合)そのグループは「王道アイドル」と呼ばれます。
 超特急が掲げる「非アイドル」はそうした「王道アイドル」というものとは対になる存在なのだと思いました。「王道アイドル」から距離を置き、反対のスタンスを取る。その上でグループとファンの関係性は大事にして、濃密なものにしたい。アクロバティックで少し捻くれ者の理念が「非アイドル」という言葉に込められています。

 『スターダスト LOVE TRAIN』と『バッタマン』は両極端で、つかみどころが難しい楽曲でした。並べてしっかり聞くほど向かっている方向がわからなくなってきて、しかもその速度はとても速い。2曲のあり方は「ファンを不安にさせる要素」そのものです。それは「王道アイドル」であれば禁じ手ですが、「非アイドル」には持ち札のひとつです。ほとんどのアイドルグループが切れないカードを切り札にできる、そんなグループが面白くないわけがありません。
 そして、超特急の「非アイドル」性を支えているのは、他でもなく"8号車"と呼ばれるファンの存在です。どこに向かっていても、どんなスピードでも付いてきてくれるという強い関係性と信頼があるからこそ、超特急はオリジナリティーある活動ができるのだと思います。ファンにとっては「不安」で「もう無理」と感じることがこれからあるかもしれません。でも、その線路の先まで"8号車"として同じレールを走り続けていけば、夢の叶う瞬間の絶景を見られる日が必ず来るはずです。そのとき「王道アイドル」では感じられない喜びがあると僕は思います。


 そんなこんなで、新曲を通じて超特急のことが少しだけわかった気持ちになりました。ますます2曲とも大好きになりましたし、ライブ見てみたい気持ちが強くなりました。これからもときどき相乗りさせてもらって、楽しい思いができればいいなと思うのでした。



スターダスト LOVE TRAIN/バッタマン(CD+Blu-ray)

スターダスト LOVE TRAIN/バッタマン(CD+Blu-ray)