細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

脱ロリについて本気出して考えてみた

 混迷する社会、実体無きまま上がり続ける日経平均、そして先の見えないアイドルシーン。十代が中心である現代のアイドルを考える上で、特にローティーンの女の子たちに注目することは未来を考えることとイコールです。ロリのアイドル、ロリコンのヲタク、それを支える巨大なシステム。長い長いトンネルの中、遥か向こうに見える光の点のような希望そのものです。
 一方、知恵の木の実を食べてしまった罰なのか罪なのか、安寧の時には必ず終わりがやってきます。子供は大人に、JCはJKに、いつしかロリはロリでなくなるのです。

 指原莉乃は言いました。「脱ロリは永遠のテーマ」と。ロリを語ることはアイドルを語ること。今回、脱ロリについて現時点でわかっていることを書いていきます。

ロリコンについて

 まず最初にロリコンのアイドルヲタクのことを考えようと、手始めに国語辞典やWikipediaでロリコンを検索ーーそこには役に立つ情報は何も書いてありません。むしろ現実のあり方からかけ離れた記載で風評被害もいいところです。とは言え、他に適切な呼び名もなく、ロリコンを再定義することで本当はどういう存在なのか伝えたいと思います。
 そもそもロリコンをひとまとめにすることには無理があります。アイドルヲタクひとりひとりが持っている着眼点や考え方によって違うのですから。もし大きく分類するとすれば、次の4つだと僕は考えています。

  • 家族目線
  • マスコット感覚
  • 青田買い気取り
  • ガチ恋

 親が子供を見るように成長を応援している、たまに会う姪っ子にお小遣いあげたくなっちゃう気持ちに近いというのは「家族目線」のロリコン。小さくて可愛いぬいぐるみ、動きがユニークなゆるキャラなど相手が小動物であるかのように接しているのは「マスコット感覚」のロリコン。伸び代への期待や成長それ自体を楽しんでいるなどと制作スタッフやプロデューサーのようなことを話し正当化しようとするのは「青田買い気取り」のロリコン。最後に、年齢は関係ないただあの子が好きだみたいなことを言うのが「ガチ恋」のロリコン。ざっくり説明するとこんな感じです。
 実際はひとりのヲタクがひとつの趣味嗜好というわけではなく、レーダーチャート*1のように複数の属性を持ってロリコンしているのだと思います。この分類からわかることは、ローティーンのアイドルがいるだけではロリコンは成立しない、ということです。アイドルヲタク側がその子の個性を受け取り、特別な物語へと昇華(消化)することで初めてロリキャラとなるのです。
f:id:chima4dn:20150625224131p:plain

ロリキャラについて

 続いてロリのキャラクター性について考えていきます。ヲタクを分類できるように、ロリもキャラクターにわけることができます。この記事では「ロリ顔」、「無邪気」、「プロリ」、「天使」、「原石」、「妹キャラ」の6つに分け、実在のアイドルの特徴と合わせて語っていきます。

ロリ顏

 大きな黒目やふっくらほっぺ、顔のパーツの位置、きめ細かい肌、黒髪など。そうした要素が集まると童顔と呼ばれ、ロリ顏としてキャラクターとなります。「おにぎりに似ている」と自分のことを話す秋吉優花ちゃんはその典型です。幼さが残る顔立ちとして活躍してほしいと思うばかりです。

無邪気

 大人のように空気を読んだり、気を遣ったりしすぎない姿はときに癒しを与えてくれます。そんな元気さ、子供っぽさ、そして無邪気さを大切に考えるロリコンは少なくありません。テレビ番組『今夜くらべてみました』の中で「うんち〜!」と天真爛漫に叫ぶ矢吹奈子ちゃん。見ていて自然と笑顔になる無邪気さの塊です。

プロリ

 ローティーンであってもアイドルとして自覚がある子も増えてきています。プロ意識が高いロリ、"プロリ"と呼ぶべきキャラクターです。好きな男の子のタイプについて「私より、背が高い人。守って助けてくれる人。年下は恋愛対象にはなりません。年上ならどこまで上でも気になりません。」と話す田中美久ちゃんはプロリの中のプロリです。*2


天使

 無邪気さが小動物的なものだとすれば、「お人形さんみたい」な可愛らしさを感じるときもあります。純真無垢で、ピュアで、真っ白な魅力。汚れきった自分が浄化されるような癒しを与えてくれる、天使のような存在です。テレビ番組『HaKaTa百貨店』での何も話せず泣いてしまう荒巻美咲ちゃん、彼女は本当の天使なのだと感じました。

原石

 成長途中の女の子の活躍をリアルタイムで見届けることは今のアイドルシーンの最大の楽しみのひとつだと考えます。まだ磨かれていない原石を探すことはロリコンの真髄のひとつです。番組コーナー『さしのうどん』でポジションが上がらない悩みを話す坂本愛玲菜ちゃんを見て「救ってあげたい...支えなきゃ...」と思うその気持ちはそういうことなのかもしれません。*3


妹キャラ

 本来、妹キャラについてだけでもこの記事と同じくらいの熱量で語らなければならない独立した趣味嗜好です。しかし、ロリキャラの中においても妹キャラの存在感は大きなものです。舌足らずで甘え上手な田中優香ちゃんのキャッチコピーは「みんなの妹になりたい」。その言葉通り、ロリ界のセンターを狙える魅力あふれる女の子です。*4


脱ロリの成功者

 ここまでロリコンを再定義し、ロリキャラを分類してきました。細かく分かれているながらも共通した「何か」を感じてもらえていればいいのですが。ロリコンは女の子たちを物語に当てはめようとし、ロリキャラという「椅子」を用意して語ろうとします。そして、脱ロリとはロリコンが別の椅子に興味を持つこと、そしてアイドルが椅子を離れることを意味します。
 次に、椅子から立ち上がり自分の足で歩こうとした「脱ロリの成功者」2人について考えていきます。ここには脱ロリにつながるヒントが隠されているように思います。

宮脇咲良のじゃんけん大会

 2013年のじゃんけん大会で髪を切ってショートカットで登場した宮脇咲良ちゃん。HKT48に1期生として加入したときから12センチ以上身長も伸びた、高校1年生の秋。アイドル史上に残る脱ロリの瞬間があのじゃんけん大会だったのかもしれません。
 身体的成長は脱ロリの絶好の機会です。目に見える形として、否定できない事実としてそれはあり、ロリコンの視線、ロリキャラの椅子どちらからも離れることを余儀なくされます。
 あのとき彼女が髪を切ったように、「ロリ顏」的特徴を弱め、「無邪気さ」や「天使」的な存在から別のものへと変化を演出することは、脱ロリの王道なのかもしれません。*5


多田愛佳のHKT48移籍

 2012年の移籍について多田愛佳ちゃんは「何かを変えたかった」と語っています。HKT48の若いメンバーと混じって活動する中で、"年下の妹キャラ"から"面倒見のいいお姉さん"へとなり、HKT48にいなくてはならないメンバーとしてグループを支えています。
 環境の変化は人を変え、ときに脱ロリを成功させます。グループの中でのポジションが変わるだけではなく、今の自分を見つめ直し再構築するきっかけになるのですから。
 経験によって磨かれた宝石は「原石」よりも強い輝きを放ちます。「妹キャラ」や「プロリ」の椅子から離れても、環境の変化を味方につけることは脱ロリよりも大きな成長機会となるでしょう。*6


脱ロリするには

 こうした脱ロリの成功例から「身体的成長」と「環境の変化」というタイミングが重要であることがわかりました。加えて、HKT48には脱ロリを促進するシステムがあります。ロリコンのアイドルヲタクが興味を持ちそうな次の椅子を用意し、その隙にアイドルを変化させるというものです。さくはる→めるみお→なこみく→今村麻莉愛と続くこの仕組みを「ロケットペンシル型脱ロリモデル」と名付けたいと思います。HKT48がロリコンに強いと呼ばれる理由です。
 そして、ロリコンの分類からはじまった脱ロリ考察を通して気付いたことがあります。脱ロリを成功させる鍵を握っているのは、僕たちアイドルヲタクなのだということです。僕たちは用意した椅子を通してアイドルを見ようとする傾向があります。ロリ以外でもツンデレ、ヘタレ、釣り師、クソガキ、クールビューティーなどキャラクターを当てはめてアイドルを理解し、わかったような気分になろうとします。そうではなく、もっとアイドルひとりひとりのいいところ・悪いところと向き合うことをすることが大切なのだと思いました。もし、それができるならば、脱ロリなんていう問題は最初から起きないのかもしれません。
 キャラクターは諸刃の剣です。ときに助けになり、ときにアイドルを邪魔することがあるものです。本当のファンならばロリやキャラクターではなく、アイドルひとりひとりをよく知り、よく語れるようになりたいと思いました。

残された問題

 脱ロリについて長々と書いてきて結論らしきものも出ていますが、問題はいくつか残っています。大きく2つあって、ひとつは子役問題。子役のキャリアロンダリング手法は脱ロリを考える上でプラスになるものだと思います。もうひとつはロリ巨乳問題。ロリコンのアイドルヲタクがTLのおっぱい画像に反応している件です。「ロリコンって言ってるけど巨乳好きってどうなの?」と言う側言われる側双方の主張をまとめてみたいものです。そして、子役問題とロリ巨乳問題をまとめて考察できるアイドルはすでに発見されています。そんなこんなで、縁があれば第2弾「向井地美音ちゃんモグモグ特集」でお会いしましょう〜。



宮脇咲良ファースト写真集 さくら

宮脇咲良ファースト写真集 さくら

逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 MOOK)

逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 MOOK)

BUBKA (ブブカ) 2015年08月号

BUBKA (ブブカ) 2015年08月号