細々とこっそりとちまちまと

アイドルソングの感想・レビュー、ライブレポ。

【TIF2015レポ】HKT48 at HOT STAGE

セットリスト
1.桜、みんなで食べた
2.大人列車
3.イビサガール(NMB48カバー)
4.スキ!スキ!スキップ!
5.ウインクは3回
6.オネストマン
7.ロックだよ、人生は…
8.ONLY YOU(BOOWYカバー)
9.12秒
10.メロンジュース


 ここからTIF2日目です。1日目はディアナのあとさいたまスーパーアリーナに移動してAKB48単独コンサートを見に行ったのでした。結構遅い時間まで飲んでいたのですが、HKT48のHOT STAGEのために早起きしてお台場に。東京は朝から暑く寝不足の体にはしんどかったです。
 
 HKT48は僕が今一番熱を上げているグループです。ステージを見るのは6/28横浜アリーナ以来ですが、家にいる時間の大半DVDを見て過ごしているので久しぶりという感じはまったくありません。それでも、メンバーが登場し1曲目『桜、みんなで食べた』のイントロが流れたときはテンションが急に上がりすぎて脳が沸騰する勢いでした。
 SKE48同様TIFのステージはHKT48にとってもホームではありません。どんなに指原莉乃ちゃんの顔が知られていたとしても、それとTIFで受け入れられるかどうかは別問題です。一方で、アウェイでもHKT48らしいステージをやり遂げたと僕は思いました。
 理由は3つあります。1つ目はセットリストです。NMB48の夏曲『イビサガール』や横浜アリーナでも披露したBOOWYカバー『ONLY YOU』、自分たちのオリジナル曲にこだわらない姿勢は健在でした。2つ目はサプライズです。TIFの選抜メンバー16人は総選挙ランクイン15名+6月に加入したばかりのHKT48最年少・今村麻莉愛ちゃんです。彼女を見て「小さい・・・」と声をあげる人多数でした。3つ目は後ろの観客まで手を抜かない姿勢です。TIF史上最高動員数を記録したというステージでは後方までギッシリ観客が集まっていました。そんな人たちにも"ライブ"を感じてもらえるよう、いつも以上に丁寧に隅から隅まで目を配りながらコール&レスポンスを煽る姿が印象的でした。
 3つはHKT48らしさそのものです。そして、その根本には「会場全員を楽しませる」というたったひとつの精神があるように思います。曲が盛り上がるから、歌と踊りがすごかったから、メンバーが可愛いから、レスが多かったから。観客がひとつでも何かを感じて「楽しい」と思うために、工夫して考えて全力を尽くしているのがHKT48なのです。
 TIFというアウェイのステージだからこそ、そうしたHKT48の精神をより強く感じることができました。応援したい、見届けたいという気持ちで胸がいっぱいになってしまい、8曲目『ONLY YOU』ではそのサービス精神に涙が出るくらいでしたし、最後の曲『メロンジュース』では腕がもげてもいいくらいの勢いでタオルを回したのでした。そうして他でも無くTIFのステージのHKT48が見られて良かったと心の底から思いました。

 現在、横浜アリーナが終わってコンサートツアーはひと段落です。次のコンサートを楽しみにしつつ、相変わらず家でDVDを何回も見ながら待ちたいと思います。ぜひ、皆さんもHKT48のコンサートに行きましょう。楽しいですよ!


HKT48成長記 腐ったら、負け

HKT48成長記 腐ったら、負け

HaKaTa百貨店 3号館Blu-ray BOX本編2枚+特典DISC2枚

HaKaTa百貨店 3号館Blu-ray BOX本編2枚+特典DISC2枚